おとなの妄想くらぶ

カテゴリ: 裏本

愛液狂_01

裏本「愛液狂」1986年(昭和61年)04月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


表紙に写真がいっさいなく、
おどろおどろしい文字だけの裏本です。

裏表紙に出演モデルのお姉さんの写真がありましたので、
記事のあとに裏表紙を載せました。

裏表紙の写真はひとりのお姉さんしか登場していないのですが、
中身はもうひとりのモデルさんが登場しています。

モデルふたりの出演ということで、
レズや乱交を想像しましたが、

内容は、1対1のカラミがメインで、
複数プレイを匂わせるカットがすこしあるというところでした。

具体的には、
男優がふたり映っているカットがあったものの、

複数人がフレームにおさまるカットはほぼなく、
モデルひとり、男優ひとりの一般的なカラミ内容と大差ありませんでした。

ところでもうひとりのモデルですが、
以前に取り上げたビニ本があります。以下です。

ビニ本「宵待草 よいまちぐさ」(寿山企画)
ビニ本「水仙花」(パンドーラ)

「宵待草 よいまちぐさ」は、
本作「愛液狂」の裏表紙のお姉さんとの共演作です。

そのため、
「宵待草 よいまちぐさ」と本作「愛液狂」は、

同じ内容の作品ではないかと思ったのですが、
使われているカットが大きく違っていました。

「宵待草 よいまちぐさ」は、
モデルさんふたりが写り込んでいるカットが比較的多く、

レズと乱交要素を感じる一方、
本作「愛液狂」は、前述のように1対1のカラミが中心です。

さて、
本作「愛液狂」のくわしい内容ですが、

裏表紙に登場のショートカットのお姉さんのカラミカットが目立ちます。

このお姉さんは、
けっこうな美形で、相楽ハル子にすこし似ているように思いました。

私は当時、
こういうキリっとした顔の女の子が好みでしたが、

それはさておき、
もうひとりの娘さんは、ほんわか系の女の子です。

キリっとシャープな感じとほんわか系。
組み合わせとしてはとても良いと思いました。

いずれにしても、
ふたりとも美乳で美味しそうな身体をしています。

とくに相楽ハル子似のお姉さんは、
スタイルも良いです。

ところが、
せっかくの逸材なのに、カラミ場面に迫力があまりありません。

マンコにチンポが奥まで入り込んでいるカットがほぼ無いことと、
結合部分のアップでキンタマが目立つカットが少なくないこと、

また、
マンコがほぼ濡れていないことなどが、

迫力がないと思った理由です。

アングル的に結合部分が見えないカットも複数ありまして、
修整無しの裏本なのに不満がたまります。

さてオレンジ通信ですが、
以下、紹介文の全文です。

“ 題名の如き、愛液ジュクジュク場面はありません。
それはまあ、ヨシとしても、この再生の仕方は実に最悪なのだ。
ただ、めったやたらに本番シーンを羅列して、
それも女の表情やカラダのみえない正常位ファックが多いのであります。
 もう、ほとんどシロウトのレイアウトセンス。
しかも、売ること、見せることを何も考えていないポジの組み方と申せましょう。
 もちろん、コレは再生本なのですが、
ズサンな手抜き本にはこまったもんです。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“最初はGALが二人。けれど本番は御一人のみの一冊だ。
構成が最悪ですヨ30点”

美味しそうなボディの女の子をふたりも使っているのに、

カメラワークやレイアウトなど、
制作側の問題で低評価とは、もったいないことです。

それから、
あらためてみると、裏表紙の外撮りカットも気になります。

竹林はまだいいとして、
神社らしき門の階段に立つお姉さんの手に、

似つかわしくない小型のアタッシュケース。

けっこう使い古されているようにも見えるうえに、
中身がまったく想像できません。

手に何か持ってないと絵にならないということで、

そのあたりにあった、
カメラマンかメイクさんの持ち物を使ったのでしょうか。

それとも撮影のために用意したケースでしょうか。

いずれにしても、
若いお姉さんに合うアイテムではないと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

愛液狂_52

ホットライン_01

裏本「ホットライン」1987年(昭和62年)04月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


半裸で横たわるお姉さん。
太ももと白いパンツに真っ先に目がいきます。

以前に同じお姉さん出演の作品を取り上げています。
以下です。

ビニ本「PORNO FUCK NO.2」(クロードアイ)
ビニ本「ワンスモア」(ジェル企画)
ビニ本「下半身物語」(銀映企画)

本作「ホットライン」は、
「ワンスモア」と同じ内容です。

ただし、
違うところはふたつあります。

「ワンスモア」はビニ本なのでマンコや結合部分にスミアミが入っていますが、
「ホットライン」には修整無し。

また、
表紙と裏表紙が違う点です。

「ワンスモア」のスミアミはかなり薄く、
裏本感覚で楽しめましたが、

薄いとはいえスミアミが入っているのとくらべれば、
なんの消しも入っていない「ホットライン」は、迫力があってエロいです。

内容に関する私の感想はさておき、
今回はオレンジ通信をさきにみていきます。以下、紹介文の全文です。

“ エイズ撲滅運動に悲壮な覚悟で望んでいる
日影忠男サンの弟のような顔をした男モデルのバター犬は相当に気持ちよかったらしく、
再生少女は気分いっぱいの喘ぎ顔である。
肉棒を深く入れていただくと、もう愛液がドクドクとあふれ出してきます。
裏本は、こうでなくてはイケマセン。
撮影中だなんて、アンタはすっかり忘れているでしょう、本当にイケナイ娘ですよね。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“チンポなんか噛むなよなっの再生GALである。
本気にクマさん顔少女は感じているのデス。 78点”

このブログは、
昭和な方々が見てくださっているのが多いと思いますので、

“日影忠男サン”については説明しませんが、

それはさておき、
白濁したマン汁が滲んでいるカットが複数あります。

とくに私の目をひいたのは、
お姉さんが騎乗位でハメられているカットです。

ちなみに、
「ワンスモア」の表紙と同じカットです。

マンコからあふれた白濁マン汁が、
チンポとの接触部分はもちろん、

お姉さんのアナルや男優のサオの一部にも浸食しています。

「ワンスモア」の中身にも同じカットはあり、
薄いスミアミ越しに、白濁マン汁が周辺を浸食する様子を、

それなりに確認はできます。

しかし、
繰り返しになりますが、修整無しはやはり興奮度が高いです。

また、
お姉さんが肉感的なボディなのも興奮を誘います。

加えて、
肉ビラの肥大がほぼないキレイで小ぶりなマンコもそうですが、
陰毛が薄いところもチャームポイントだと思いました。

ところで、
同じお姉さんの出演作「下半身物語」では、

陰毛が、恥丘部分やマンコ周辺を覆っています。
どちらかというと陰毛が濃いほうです。

しかし、
本作「ホットライン」や、

同じカラミ作品の「PORNO FUCK NO.2」だと、
陰毛はかなり薄めなので、

カラミに臨み、処理したと思われます。

陰毛が薄いと、
結合部分がよく見えるので、その姿勢は読者としてはとても嬉しいです。

せっかくの白濁マン汁も、
マンコ左右に茂る陰毛に阻まれてしまうと価値が落ちてしまいます。

ところで、
本作「ホットライン」は、

最初の3ページが外撮りカットでした。

空地のような場所で、
お姉さんがパンツを脱がされており、

マンコがあらわになっています。

私は、
裏本で外撮りのカラミカットがあるのは、
めずらしいと思っているのですが、

もともとカラミビニ本として撮影された作品ならば、
外撮りカットがあるのは不自然ではないと思うので、

発売時期的にみても、

本作「ホットライン」は、
「ワンスモア」の裏流出ではないでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

エスカレーション_01

裏本「エスカレーション」1985年(昭和60年)11月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


スレンダーな美人お姉さん。

ビニ本や裏本界隈では、
それなりに知られたモデルさんだと思います。

以前に以下の作品を取り上げています。

ビニ本「わたしたち、あげます」(優美堂)
ビニ本「この指とまれ」(新日本企画)

「わたしたち、あげます」と「この指とまれ」は、
複数のモデルさんが出演するオムニバス形式の単体ビニ本でした。

一方、
本作「エスカレーション」はカラミありです。

さっそく中身をみていきますと、
全体的な印象は、お姉さんが細すぎるかなということでした。

どちらかというと、
ぽっちゃり系のモデルさんが好きな私は、

興奮度がやや落ちます。

しかし、
プレイはそこそこハードですし、

お姉さんの反応もいい感じです。

具体的には、
お姉さんがいろいろな体位でハメられており、

各方面から結合部分を視姦できますし、
チンポがとても好きそうなフェラ顔にも興奮を誘われます。

また、
結合部分のドアップで、

チンポに接触しているマンコ肉がマン汁でヌルヌルと湿っているカットや、
白濁したマン汁がチンポに付着しているカットもあって楽しませてくれます。

ただ、
繰り返しになりますが、

お姉さんがもうすこし肉付きがいいと、
さらに興奮度はアップしたと思います。

さてオレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ スリムな体型の女の子は腰骨が浮き出していて、
そういうタイプというのは概してチツの中が狭いものだ
と、某白夜書房のドーモ中沢が語っていたが、
たしかに本作の彼女はそう見える。
男の一物が女のチツ一杯に吞み込まれていて、
余裕というものがありませんね。ああ、
具合がいいだろうなあと先生は妄想してしまいました。
すべてポーズ的な絡みでありますが、
これでも一発抜けないことはありませんノダ。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“スレンダーGALの古紙再生なのだ。
好みの人々は買って損はないですヨ 76点”

本作「エスカレーション」は再生本のようです。

ところで、

先にあげました、
単体ビニ本「わたしたち、あげます」と「この指とまれ」では、
お姉さんのマンコ内部はさらされていませんでした。

一方、
本作「エスカレーション」だと、

数少ない単体マンコカットのなかに、
マンコ内部の具がよく見えるカットがひとつだけありました。

裏本はとくに、
単体マンコがおそろかに扱われる傾向が強い気がしますが、

バイブもチンポも埋められていないマンコを確認したうえで、

チンポが挿入されているマンコを堪能する、

また逆に、
チンポ挿入済マンコをひととおり見たうえで、

チンポが抜かれた直後のマンコと比較する。

そんな楽しみかたをすると、
興奮度がはね上がると思っているのは私だけではないと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

アマン_01

裏本「アマン」1984年(昭和59年)10月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


愛嬌があって、
とても魅力的なお嬢さんです。

デビュー前のアイドルみたいな雰囲気を感じるのは、
私だけではないと思います。

中身をみていきますと、
お嬢さんはややスレンダーな体型で、

バストもヒップも大きくありません。
一方、脚は長くてスタイルは良さそうに見えました。

また、
私の注意を引いたのは水着跡です。

水着跡自体がエロいわけではなく、
スクール水着のようなワンピース型というところでした。

いろいろな体位でハメられているお嬢さんの肢体を凝視したのですが、

肌の露出がそれなりに多い、
エロいワンピースではなく、

肩紐の幅が広くて、
背中やお尻の露出もおさえられています。

何度みても、
スクール水着以外のイメージが浮かびません。

すこしロリっぽい感じもしますが、
明らかに20代のお嬢さんですから、

スク水にとても違和感があります。大学の授業で着るのでしょうか。

私のことを振り返ってみると、
大学の授業で水泳はありませんでした。

お嬢さんは体育系の大学や学部なのだろうかとも思いましたが、
どのみち事実はわからないので、想像することをやめました。

それはさておき、
最初から最後まで、マンコにチンポを突き入れられているカットが続きます。

ところどころ結合部分のドアップもあり、
内容的にも過激ですし、

中出しカットもありました。

具体的には、
マンコ亀裂からザーメンが垂れ落ちているマンコのアップが3枚ありました。

滴り落ちるザーメンの一部が、
肛門のやや左側を伝っています。

ちなみに、
お嬢さんの肉ビラは左右どちらも肥大気味なのですが、

左の肉ビラが右に比べて肥大しています。

マンコにチンポが挿入されている状態よりも、

チンポが抜かれたあと、
中出しザーメンが垂れ落ちているカットのほうが、

肉ビラの肥大が激しいように見えて、
とても興奮しました。

よほど擦られまくったのだろうと妄想したからです。

さて、
オレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ タマゴ型、ないしはうりざね顔、
あるいはおかめフェイス…形容は幾多もありますが、
こういうタイプは案外と中流(幻想)家庭出身のGALに多いのです。
しかも、女子大生ではないでしょうか。
 好みの問題は別にしても現役女子大生が裏ファックしていると想像するだけで、
オジサン(注・長倉編集長のコトです)は大層コーフンしてしまうのであった。
 但し、アエギ顔にはもう一工夫欲しかった。”

そして以下は、
添えられていた見出しです。

“(多分…)現役女子大生の裏本初出演ではないか!?と本誌編集長は妄想スル 83点”

私も現役の女子大生ではないかと思いました。

理由はいくつかありまして、

見た目が素人っぽいことと、
陰毛が処理されておらず、野放図にのばされていること、

また、
きちんとしたフェラカットがないことです。

そもそもフェラカット自体が3枚しかないうえに、
チンポを根元まで咥え込んでいるカットはひとつもなく、

すべて亀頭をちょっと舐めている程度です。

プレイに関してお嬢さんが受身なのも、
現役の素人女子大生であるということを裏付けていると思いました。

あと、
ぎこちないアヘ顔も素人っぽさをあらわしているといえなくもありません。

オレンジ通信には、
アエギ顔にはもう一工夫欲しかった。”と書かれていますが、

百戦錬磨のお姉さんに、
処女っぽい振舞いを求めているのと同じで、

素人っぽさと“アエギ顔一工夫”は矛盾するのではないかと思います。

最後に、
プレイがハードで、
お嬢さんも可愛いので、私の評価はとても高いです。

加えて、
松田聖子や小泉今日子を彷彿とさせる髪型も好印象です。

ところで、
記事の最後に裏表紙を載せました。

お嬢さんが公園の木に寄りかかり微笑むいい写真です。

こんなに可愛くて魅力的なお嬢さんと、
待ち合わせして公園をお散歩デート。

そんな学生時代をおくりたいものでした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

アマン_52

2人の熱い感激_01

裏本「2人の熱い感激」1984年(昭和59年)10月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


可愛らしい感じがするお姉さん。

清楚な雰囲気もあって、
女子アナっぽさも漂っているような気がします。

ファンの人には怒られてしまうかもしれませんが、
キャンディーズの伊藤蘭にすこし似ているようにも思いました。

いつも参考にさせてもらっています、
「さとり資料館」さんのサイトで調べてみますと、

出演作品はあまりないようです。

魅力的なお姉さんにもかかわらず、
出演作があまりないのはナゾです。

ところでこのブログでは、
これまで多くのビニ本や裏本を取り上げていますので、

最近はとくに、

中身が同じ作品や、
出演モデルのほかの作品をすでに取り上げているケースが少なくないのですが、

本作出演のお姉さんは、
このブログで取り上げるのははじめてです。

さて内容ですが、
最初のページからもうすでに、お姉さんがチンポを舐めています。

そのあと、
マンコへのチンポ挿入カットが続きます。

正常位、バックはもちろん、
片脚上げた立位や、立ちバック、背面騎乗位、騎乗位と、

体位のバリエーションはとても多く、
読者を楽しませてくれます。

結合部分のドアップカットがいくつもあるのが嬉しいですし、

男優の指でマンコを広げられているマンコ見せカットも複数あって、
内部の具が丸さらしの単体マンコを満喫できます。

丁寧にみていくと、
マンコにチンポがハメられているカットが8割くらいととても多く、

また、中出しでしょうか、

マンコ亀裂から、
とんでもなく濃厚なザーメンが垂れ落ちているマンコドアップもあり、

興奮を誘われます。

マンコ亀裂はぱっくり開いており、
チンポピストンの余韻を感じさせますし、

また膣口は濃いザーメンで塞がれています。

さらに、
いままさに垂れているザーメンの塊が、
アナル付近に貼り付いています。

けっこうな重さに見えるのですが、
シーツに滴り落ちず途中でとどまっているということは、

かなりの粘着度なのでしょう。グミ状になっています。

たぶんほとんどの男性は、
濃いザーメンが出るとテンションが上がると思うのですが、

オナニーのように無駄打ちではなく、
本作では中出しですから、

男優は、
よけいにテンションが上がったと思われます。

ところで、
お姉さんは陰毛がけっこう濃いです。

濃いのに加えて、
マンコ左右とアナル周辺付近の生えている面積が比較的広めなので、

かなり目立ちます。

マンコにチンポが、
根元まで突き入れられている結合部分のドアップだと、

お姉さんの陰毛と、
男優の陰毛の区別は難しいように思いました。

といいつつ、
区別する必要もありませんが。

というわけでオレンジ通信ですが、
以下、紹介文の全文です。

“ タレ目GALである。いわゆる美人とは言い難い。
が、この色っぽさはどうであろうか。
無論、FUCK写真、そのまっ最中の恥態ということである。
正常位にしろ、座位にしろ、
ビンビンにカンじている状態がビビットに伝わってきて、
見る者をして大いにコーフンさせるのである。
ムッチリとした姿体と、IQ43程度のオツムも好感がもてる。
 オクデ先生としては、是非にもお勧めしたいタイプ”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“ひょっとしてコレ一冊のみで消えるかもしれません。
だとしたらなおのこと、諸兄らには必読の一著である!  95点”

“オクデ先生”お気に入りのモデルのようで、
“95点”という高得点です。

ちなみに誌面上で、
本作「2人の熱い感激」のすぐ左隣に、

あの名作裏本「半分少女」の復刻の、
「涙のリクエスト」が取り上げられており、
点数は“93点”でした。

「2人の熱い感激」がいかに高評価だったのかわかります。

ところで、
顔をふくめた上半身の雰囲気から、

スレンダーボディに見えるお姉さんですが、

表2(表紙の裏側のページ)と表3(裏表紙の直前のページ)の全身カットを見るに、

下半身がしっかりしている安産型で、
どちらかというとずんぐりした体型なのがわかります。

バストは大きくありませんが、
尻のボリュームは目を引くものがあると思いました。

つまり、
チンポをしっかりと受け止めてくれそうな下半身ということで、

お姉さんへの好感度がさらにアップしました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ