おとなの妄想くらぶ

カテゴリ: ビニ本

JOY FULL ジョイ・フル_01

ビニ本「JOY FULL ジョイ・フル」(飛鳥書房)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本です。

女優さんみたいな美人のお姉さんだと思いました。

表紙の顔がいちばん映りが悪く、
なぜ表紙カットに持ってきたのか疑問です。

中身は表紙以上に雰囲気のある美人に見えます。

さて、中身のくわしい内容ですが、
マンコ隠しに使われているのは、スケパンとベールです。

印刷上の消しはまったく入っていませんでした。

お姉さんのマンコはキレイな縦スジでして、
肉ビラの肥大やハミ出しはまったくありません。

開脚ポーズでも、
縦スジが維持されているため、

態勢を変えたくらいでは、
内部が見えない形状の良いマンコだと思いました。

妄想たっぷりで表現しますと、初心で恥ずかしがりなマンコです。

それとも、
粘着力のあるマン汁によって亀裂がくっ付いているのでしょうか。

スケベな妄想が広がります。

しかし、
お姉さんがマンコを指で広げているドアップカットだと、

わずかにマンコ亀裂が開いているのに加えて、
膣口あたりに白いマン汁がこびり付いているのが確認できます。

それと同時に目に飛び込んでくるのが、
ぷっくりと盛り上がったピンク色の膣口ですから、

興奮度はケタ外れでした。

あらためて表紙をみますと、
マンコ亀裂の左右は、若干の色素沈着が進んでいるように見えたのですが、

マンコ自体がキレイなので、
あまり気になりません。

また、
開脚ポーズではなくて、四つん這いのとき、

マンコ左右に色素沈着はほぼありません。
マンコ亀裂の下半分、つまりアナルに近いほうの半分は、

キレイな肌色です。

そして、
マンコ亀裂とアナルの間の部分もとてもキレイです。

キレイなマンコのお姉さんは、
アナルもキレイなことが多いと思うのですが、

本作のお姉さんもピンク色のキレイなアナルで、
シワの放射具合は、とても理想的だと思いました。

あと、
私の目を引いたのが、お姉さんの着衣カットです。

白いブラウスに、
オレンジ色のスカート。

最初は女教師っぽいと思ったのですが、

スカートの色がそこそこ派手なので、
女教師よりも、家庭教師や塾の先生みたいに見えました。

またお尻もいい感じで弾けていますので、
実物を至近距離で凝視したくなります。

というわけで、
私はべた褒めなのですが、

私の手元のオレンジ通信では取り上げられてなかったので、
発売時期不明としました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

Natural ナチュラル_01

ビニ本「Natural ナチュラル」(ハニー企画)1985年(昭和60年)04月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本。

スケベそうに見えるお姉さんです。

表紙メインカットの左下、
タンクトップを着て傘をさした姿も絵になっていて魅力的です。

同じお姉さん出演の作品を以前にも取り上げています。
以下です。

ビニ本「マリオン」(新日本企画)
ビニ本「夢恋人」(紅花企画)

本作「
Natural ナチュラル」は、「マリオン」とまったく同じ内容です。
表紙と裏表紙が違っているだけです。


「マリオン」は印刷上の消しが入ってなく、
ベール越しマンコがはっきりと確認できました。

表紙と裏表紙のマンコも消し無しです。

また、本作「
Natural ナチュラル」も、

同じく印刷上の消しは入っておりません。

ただ、
表紙と裏表紙のマンコはマジックで塗られていました。

販売店で塗られたのかもしれません。

いずれにしても、
露出度は相当に高いです。

本作「Natural ナチュラル」と「マリオン」、
中身がまったく同じだと書きましたが、

気になる違いがありまして、
それは印刷の質です。

「マリオン」は印刷の色が薄いのですが、
本作本作「Natural ナチュラル」は普通の色合いで、

実際の色に近いと思われます。

ですので、
同じ露出度でも、

印刷の色が実際の色に近いということで、
総合すると、本作「Natural ナチュラル」に軍配があがると思います。

内容に関しては、
「マリオン」を取り上げたときにいろいろ書いたと思いますので、

今回は内容に入らず、オレンジ通信をみていきます。
以下、紹介文の全文です。

“ 正しくNATURALであるといえましょう。
巣鴨のピンサロ嬢時代はよく知らねどもモデル稼業を始めた頃は、
とても自分のお尻の穴を気にしていました。
えーと、ですね、痔モチなんですよネ、彼女。
それもひとつではないんです。本作を御覧いただければ一目瞭然。
ナチュラルに四つのイボ痔がクッキリと映っておりました。
とにかく丸見え! 何はなくとも丸出し! に固執される人向きだ”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“いまはもう引退してしまった、三浦友美ちゃんのカーペキな復刻本なのだ。
イボ痔まで丸見せなんであります。84点”

私は、
イボ痔というのは、
たとえばホクロみたいにカウント可能なものだと思っていませんでした。

なぜなら、
肛門から飛び出しているのはひとつかふたつだけで、

それ以上、
飛び出していると肛門がぜんぶ盛り上がっている状態に見えて、

ひとつとかふたつとか、
数える意味がなさそうな気がしたからです。

というわけでオレンジ通信の内容が気になり、
あらためてお姉さんの肛門をじっくりとみてみました。

すると、
肛門本体自体に多少盛り上がっている箇所がありますが、

それとはまた別に、
シワの走る部分のいちばん外側付近に、

イボみたいなものがいくつか見えます。

肛門から離れているイボもあり、
はたしてこれをイボ痔というのだろうかという疑問を持ちました。

とはいえ、
シワがキレイに走る状態の肛門ではありませんし、

肛門にもっとも近いところのイボは、
たしかにイボ痔と呼べるものかもしれません。

ところで、
表紙に以下の文字が書かれています。

“奈保子、はたちのナチュラルな旅立ち”

また、
中身の最後のページには、
“■モデル■三浦奈保子”というクレジットもありました。

一方、
本作「Natural ナチュラル」がオレンジ通信に取り上げられたときには、
すでに“三浦友美”というモデル名で知られていたわけですから、

どうせ、苗字を同じ“三浦”にするなら、
名前も同じにしておけばいいのにと、

よけいなことを思ってしまいます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

♂おしゃぶり!大好きで~す。_01

ビニ本「♂おしゃぶり!大好きで~す。」(MūShi Book's)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


カラミのビニ本です。

表紙は、
娘さんがチンポに舌を這わせているカット。

舌先がカリ裏を刺激していて、チンポがビンビンになっています。

サオにはスミアミが入っていますが極端に薄く、
チンポの凹凸がはっきりと確認できます。

また、表紙下部のカットだと、
キンタマには消しが入ってなくて丸出しです。
(画像アップのさいにモザイクを入れています)

表紙がほぼ丸出しですから、
中身の露出度に期待が高まると同時に、

裏本のオモテ再生だと思いましたので、
プレイのハードさも期待ができそうです。

というわけで中身をみていきますと、
娘さんの単体カットがしばらく続いています。

娘さんは色白の豊満ボディ。

おっぱいが大きくて、
乳首と乳輪がキレイなピンク色をしていました。

ルックスは好みが別れるかもしれませんが、
明るくて愛嬌たっぷりの雰囲気がしますので、私は好きです。

問題の露出度ですが、期待以上の露出度ではなかったものの、

満足のいく高さです。

チンポに入っているスミアミがとても薄い一方で、
マンコに入っているスミアミは多少濃く、

それが残念でした。

着衣あり、マンコ見せありと、
いろいろな単体ポーズがあり、それなりに多くのページが割り当てられています。


また、
男優の手でマンコ亀裂が広げられていたり、

バイブが挿入されているカットもありました。

さらには、
マンコが見開きで超ドアップになっているカットもあり、

縮尺が実物の2倍程度だったため、マンコをじっくりと堪能できました。

肉ビラの肥大もほぼなくとてもキレイなマンコです。

マンコ内の具が押し寄せてくるような感覚に襲われますが、
紙面マンコが実物よりもかなり大きいためだからでしょう。

前半はそんな感じで進んでいまして、
気が付くと全体の半分以上を過ぎているのに、

マンコへのチンポ挿入がありません。

どうしたことかと思っていたら、
放尿シーンが突然出てきました。

嬉しいサプライズです。

マンコ単体同様に、実物よりも大きな縮尺で、
放尿シーンのマンコドアップが見たかったのですが、

しゃがんだ娘さん全体がフレームに入っているカットだけでした。

マンコ内部の具が迫って来ると同時に、

もしかしたら、
おしっこがこちらに飛び出してくる感覚を味わえたのにと思い多少残念でした。

後半になって、やっとチンポが出てきたと思っていましたら、
マンコへのチンポ挿入カットがまったく出てこないまま終了です。

あるのはフェラシーンだけでした。

マンコへのチンポ挿入がないので、
私は意気消沈したわけですが、

前半にあった、超ドアップの見開きマンコよりも、
縮尺の大きいマンコの超ドアップカットが後半に出てきました。

マンコ亀裂は20センチ近くあります。

スミアミがそこそこ薄いので、
マンコ内部の具の形状を確認できますし、

マン汁でしょうか、マンコ亀裂とアナルとの間が湿っていて、
マンコとアナルを結ぶ道のようになっている光景が印象的でした。

まとめますと、
マンコへのチンポ挿入がないのは残念ですが、

しつこいくらいにマンコのドアップ写真が続いているのは満足です。

マンコをじっくりと楽しむにはいいかもしれません。

ところで私が高校生のとき、
毎週土曜日、ラジオ短波で、
セクシーオールナイトという番組が放送されていました。

そのなかのコーナーで、

カップルの行為を隠し撮りしたであろうエロテープが放送されており、
すさまじく興奮した思い出があります。

エロテープの内容はさまざまですが、

女性がおそらくマンコを指でさしながら、
相手の男に説明しているであろう内容のものがありました。

詳細は忘れましたが、
マンコの部位を電車の駅に見立てて、女性が順番に説明していたように記憶しています。

過去のエロ番組を思い出すことで、
実物マンコを見たことがなかった当時の私に気持ちが戻りました。

本作にひきつけていいますと、
実物大のマンコではまだ物足りない、超ドアップ縮尺2倍のマンコで、

各部位を解説して欲しいと、
当時の私はきっと思ったに違いありません。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

Ferratio Marry_01

ビニ本「Ferratio Marry」(INTERNATIONAL PUBRICATION)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本です。

表紙をみた私の最初の感想は、
ダイアナ妃でした。

中身をきちんとみてみると、
そこまで似ていなかったのですが、

表紙をみたかぎりでは、
ヘアスタイルと雰囲気がとてもよく似ていると思いました。

本作は外国人モデルが出演しているうえに60ページあり、
一般的なビニ本と違うように思います。

しかし、
一般的なビニ本と同じく、左側をめくっていく形式だったことに加えて、

表紙をめくった最初のページに、
“フェラチオ マリー”とカタカナ表記があったことで、

おそらく日本国内でビニ本として流通したものだと思いまして、
ビニ本のカテゴリーにしました。

マンコにスミアミが入っていることも、
国内流通していた一般的なビニ本と同じです。

ところで、
内容的には単体のビニ本なのですが、

チンポをしゃぶろうとしているカットが、
表紙に複数あります。

じつはチンポではなくて極太ディルドです。

表紙のメインカットと、
その上部に並ぶ3枚の写真の真ん中のモザイクは私が入れました。

メインカットも上部の真ん中写真も、

チンポ形状をした極太ディルドです。

なぜモザイクを入れたのかといいますと、
本物のチンポに見えるかもしれないと思ったからです。

ベールかスケパンか忘れましたが、
過去にいちど、透けているマンコにモザイクを入れ忘れたままアップしており、

ライブドアの運営から注意を受けました。

今回、チンポでなくディルドなのにモザイクを入れたのは、
AIパトロールに見つかるのを回避するためです。

実際にAIが活躍しているのがどうか知りませんけども、
石橋を補強しながらわたります。

さて、本作の内容ですが、
開脚ポーズに四つん這いなど、

マリーお姉さんのマンコ見せポーズが、
最初から最後まで続いています。

マンコ隠しにはベールとスケパンが使われているため、
構成が、1980年代の日本の単体ビニ本とほとんど同じ印象があります。

スケパンやベールをまとっていないマンコもところどころありまして、

丸さらし状態のマンコにはスミベタが入っていました。

そのため、
スミベタ入りのマンコはまったく見えていないのですが、

スケパンの場合は、
マンコ形状が確認できるカットが多いです。

ベールの場合は透けて見えすぎるためか、
スミアミが入っているカットも目立ち、スケパンよりも露出度は低いです。

マンコ見せ単体ポーズが続くなか、
極太ディルドを使ったフェラチオまがいのカットが複数ありました。

“フェラチオまがい”という意味は、
ディルドを咥え込んではおらず、舌先で舐めようとしているだけだからです。

実際はフェラチオではありません。

そのためタイトルに偽りありです。
よく見ますと、表紙のメインカットも、

ディルドに舌が触れていませんでした。

露出度が高かったベール全盛期の単体ビニ本とくらべると、
露出度は格段に落ちますので、

マリーお姉さんを気に入るかどうかで、
本作の評価が別れると思います。

ちなみに私はけっこう好きです。

顔が美形で、
身長が高そうに見えるし、スタイルが良いからです。

また、愛嬌の良さが垣間見えるカットもあり、
チャーミングさも感じさせるお姉さんだと思います。

私は、
外国人モデルについてくわしくないのでわかりませんが、

もしかしたら有名なポルノ女優でしょうか。

ところで、
あらためて表紙をみますと、

メインカットの下のほうに文字が書かれています。

“PHOTOGRAHY BY KEN SUNDERS”

日本のビニ本で、
表紙にカメラマンの名前が書かれていることはかなりめずらしいです。

よほど有名なカメラマンなのだろうかと思いまして、
ネット検索しましたところ、

綴りの違う、ケン・サンダースさんが出てきました。
古書店員とのこと。

もちろん別人でしょうが、
存在感があり仙人のような風貌をしていて、

超ベテランのカメラマンっぽくも見えました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

ノンオイル_01

ビニ本「ノンオイル」(セブン企画)1984年(昭和59年)09月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


カラミのビニ本です。

ビニ本や裏本界隈ではよく知られたお姉さん。
モデル名は川島美恵子です。

以前に同じお姉さん出演の作品を取り上げています。
以下です。

裏本「熱風」
ビニ本「SWING 〈スウィング〉」(優美堂)
ビニ本「Dream in 麗子 ドリーム・イン・レイコ」(武蔵出版)
ビニ本「VALENTINE バレンタイン」(プリズム出版)
ビニ本「AXIS アクシス」
裏本「恋模様」
ビニ本「18歳私は好き!」(紅花企画)

これまで取り上げました上記作品をあらためてみましたところ、
本作「ノンオイル」は、「18歳私は好き!」とまったく同じ内容でした。

本作「ノンオイル」の表紙をみると、
上半分のカットはマンコに消しが入ってなく丸さらしです。

下半分のカットも、
チンポに入っているスミアミは、それなりに濃いのですが、

チンポに入っている消しが薄くてもあまり嬉しくありませんから、
上半分のマンコさらしカットに注意が集中しました。

つまり、
中身の露出度の高さを期待したわけです。

しかし、
中身をみていきますと、

残念なことにマンコと結合部分には、

そこそこ広範囲で、なおかつ濃いスミベタが入っていまして、
マンコはほぼ見えません。

陰毛とアナルが丸さらしなのが救いです。

露出度でいいますと、
スミアミの面積が若干小さい「18歳私は好き!」に軍配が上がります。

露出度が低いビニ本と遭遇したとき、
内容に集中できず気が散ってしまい、余計な部分に目がいってしまいます。

そういうことで目がいったところが、
表紙のいちばん下にあるキャッチコピーです。

“小太りのボディがググッとくる快感がバツグン!”

モデルのお姉さんは“小太りのボディ”ではなくて、
明らかにスレンダー体型です。

マンコや結合部分は見えないし、
キャッチコピーも的を得ていないということでさらに意気消沈したわけです。

さて、オレンジ通信ですが、
以下、紹介文の全文です。

“ どちらかというと、面白い顔をしたお嬢さんですから、
これはもうホンバンしか生きる道はないわけです。
ならばもう少し本気でやって欲しかったと思うのでア~ル”

マンコは見えないと書きましたが、

くわしくみていきますと、
スミアミが入っておらず、肉ビラが丸さらしのカットがいくつかありました。

代表してふたつだけ紹介しますと、

マンコへのバイブ挿入カットと、
お姉さんが体育座りした単体カットです。

バイブ挿入カットは、お姉さんは開脚状態ですが、
マンコを捉えるためのアングルではないため、

肉ビラの上半分しか見えていません。

そして、
体育座りカットは、マンコ亀裂が確認できるだけで、

マンコ内部はさらされていません。

ちなみに、
「18歳私は好き!」だと、同じふたつのカットにスミアミが入っています。

露出度だと、
「18歳私は好き!」に軍配があがると書きましたが、

あまり大差ないような気がしてきました。
低い露出度で競い合ってもあまり意味がありません。

ところで、
本作「ノンオイル」は、
おそらくビニ本オリジナルのカラミ内容だろうと思われますので、

マンコへのチンポ挿入は無い可能性が高いのですが、

とはいえ、
チンポが突き立てられていない疑似本番のマンコでも、

濃いスミアミで隠れていると、とても残念な気持ちになります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ