おとなの妄想くらぶ

カテゴリ: ビニ本

FAIRY フェアリ_01

ビニ本「FAIRY フェアリ」(千曲出版)1984年(昭和59年)12月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本です。
ビニ本界隈ではお馴染みのお姉さんでモデル名は“川島恵美子”。

これまでに以下の作品を取り上げています。

裏本「なんてったってアイドル」
ビニ本「恋人達のラブジュース」(八起書房)
ビニ本「ムーングロウ」(ザ・ボイス)
ビニ本「ノンオイル」セブン企画
裏本「熱風」
ビニ本「SWING 〈スウィング〉」(優美堂)
ビニ本「Dream in 麗子 ドリーム・イン・レイコ」(武蔵出版)
ビニ本「VALENTINE バレンタイン」(プリズム出版)
ビニ本「AXIS アクシス」
裏本「恋模様」
ビニ本「18歳私は好き!」(紅花企画)

上記のうち、単体作品は、

「SWING 〈スウィング〉」
「Dream in 麗子 ドリーム・イン・レイコ」
「VALENTINE バレンタイン」
の3作品です。

本作「
FAIRY フェアリ」は、
「VALENTINE バレンタイン」とまったく同じ内容でした。


表紙と裏表紙が違っているのと、
「VALENTINE バレンタイン」にスミベタが入っているところが違います。

同じ内容の本作「FAIRY フェアリ」は、
スミベタがまったく入っておらずマンコ丸さらしです。

単体ビニ本仕様ということで、
スケパンやベールが使われていますがとても薄く、

また網ベールは目が大きいため、

ストレスなくマンコを堪能できます。

彼女自身の指で、
マンコを広げて内部をさらしているドアップカットも複数あり、

とても興奮を誘います。

マンコドアップカットでは、
内部がすこし湿っている様子が克明にさらされていたり、

また、
膣口がぱっくりと広がり、

やや奥のほうまで膣壁があらわになっていたりと、
凝視をしてしまうカットも目立ちます。

単体ビニ本のホームラン王・優美堂発行の「SWING 〈スウィング〉」も、
消しはいっさい入ってなく、

マンコ丸さらしですが、

全体的な露出度は、
本作「FAIRY フェアリ」に軍配があがると思います。

ただし、
「SWING 〈スウィング〉」のほうが笑顔が多く、
表情は良いです。

一方、本作「FAIRY フェアリ」は無表情に見えるカットが多く、
川島恵美子嬢が、やや身構えている印象を受けました。

さてオレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ 性格的には素直なお嬢さんですが、
フーゾクのお仕事をやり過ぎたのでしょうか、
どうも新鮮さには欠けるようです。
裏V『それはキッスで始まった』にも騙されて(…多分ね)出演しており、
まだしもあの駄作裏Vのほうが数段勝っていたのではないが、
と先生は考えるのでした。
結論としては、「単発は美形に限る!」という事です。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“それはキッスで始まってしまった裏Vギャルの単発本。
いかにもフーゾクしすぎてしまったおまん♡ですね。  57点”

当時は、あまり気にならなかったのですが、
というか、気にしたかどうか覚えていないのですが、

川島恵美子嬢のルックスに関して、
オレンジ通信はいつも厳しめな評価です。

たしかに顔は好みが別れるルックスなのかもしれませんが、
手足が長くてスタイルが良いし、

また美乳で陰毛薄めなところも私は好きです。

加えて、
肉ビラの肥大がほぼなく小ぶりのマンコや、

存在感薄めでホクロがアクセントになっているアナルも、
時間をかけた鑑賞に耐えうる良いアイテムだと思っています。

そのため、
フーゾクしすぎてしまったおまん♡”という感想は持ちませんでした。


-----------------------------------------------------------------------------------------------

さやか_01

ビニ本「さやか」(アイ書房)1986年(昭和61年)10月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


ビニ本裏本界隈では有名な娘さん。
アダルトビデオへの出演もあります。

以前に、
同じ娘さん出演の作品を取り上げています。以下です。

裏本「なんたってアイドル」
裏本「シェイプアップ」
裏本「女優シリーズ 早瀬沙樹」
ビニ本「令嬢 斉藤さやか」(堀山企画)

ちなみに、
よく知られているモデル名は“早瀬沙樹”です。

ある作品では“斉藤さやか”、
またある作品では“早瀬沙樹”となっているため、

読者は混乱してしまいます。

にもかかわらずなぜモデル名が複数あるのか、すこし説明しますと、

彼女だけでなく、

ほとんどのモデルさんは、
ビニ本や裏本の最初の出演時には、モデル名は付けられていません。

たとえば、裏本が人気になり、
再生裏本や、オモテ再生のビニ本が多く発売されるようになると、

オレンジ通信やアップル通信などズリネタ情報誌の、
編集者やライターがモデル名を付けて呼ぶようになる場合が多くなります。

さらに有名になり、
当時新メディアだったアダルトビデオにも出演すると、

そのとき、
今度はアダルトビデオのメーカーによって、また別の名前が付けられます。

本作「さやか」の彼女の場合、
ビニ本裏本で人気が出たときに付けられたのが“斉藤さやか”で、

そのあとアダルトビデオ出演時に付けられたのが、
“早瀬沙樹”です。

そのあとが興味深いのですが、
アダルトビデオのモデル名“早瀬沙樹”は、

以前に使われていたモデル名の“斉藤さやか”を駆逐し、
以後、発売される再生本はアダルトビデオのモデル名である“早瀬沙樹”になります。

アダルトビデオがそれだけ、
エロユーザーへの浸透力が強かったということです。

もちろん例外もあります。

たとえば、
裏本「半分少女」の娘さんは、
アダルトビデオ出演時に、“青木さやか”というモデル名が付けられました。

しかし、
モデル名“青木さやか”はあまり流通せず、
ファンの間ではやはり“半分少女”です。

また、
“田口ゆかり”や一部のヌードモデルのように、

ビニ本や裏本出演時にはすでにモデル名があり、
以後もずっとそのモデル名で活動するケースも少なからずあります。

加えて、

本作「さやか」は、
彼女がアダルトビデオに出演後に発売されたビニ本なのですが、

“早瀬沙樹”ではなくて“斉藤さやか”の「さやか」となっています。

さて、
モデル名の話はこのくらいにして、

本作「さやか」の内容です。

ところで、本作「さやか」の娘さんの場合、
カラミ作品は、髪が長いバージョンと、髪が短いバージョンのふたつに分けられるのですが、

本作「さやか」は髪が短いバージョンです。

以前に取り上げた作品であてはめますと、

「なんたってアイドル」「シェイプアップ」「女優シリーズ 早瀬沙樹」は、
髪が短いバージョンで、

「令嬢 斉藤さやか」は髪が長いバージョンです。

いつも参考にさせてもらっています、
「さとり資料館」さんのサイトでをみてみますと、

“裏本は「SHUTTER」と「蒼い時間」のたった2冊だけ。”という記述がありました。

「SHUTTER」は髪短いバージョンで、
「蒼い時間」は髪長いバージョンです。

というわけで、
本作「さやか」の内容については、

髪短いバージョンの作品を取り上げたときに、
いろいろと書いたと思いますので、

重複してしまうかもしれませんが、

気になったことを中心に書いていきたいと思います。

本作「さやか」は、
消しが薄いです。裏本とあまり変わりません。

薄いスミアミがチンポとキンタマに入っているのと、
マンコ内部に入っている以外は丸さらしです。

マンコ内部の一部にしかスミアミが入っていないカットもありましたし、
チンポ丸出しのカットもありました。

ちなみに表紙カットも同じく、
ほぼ丸さらし状態だったのでしょう。

スミアミのうえから、
マジックで塗ったような修整がなされています。

おそらく販売店が塗ったのではないかと思います。
(画像アップのさいにモザイクを入れています。)

さて、オレンジ通信ですが、
以下、紹介文の全文です。モデル名に関する記述もありました。

“ 確か柏木さやかから始まって、
アレコレといったいいくつ名前を変えたんでしょうか、このコは。
今度は斉藤さやかさんになったのかな。
この前まで早瀬沙樹ちゃんと称してアダルトビデオでお馴染みでしたが、
近頃では金曜日の「11PM」にちょくちょく出演して、
活躍なさっている様子。本作の元本は、彼女の二冊目のウラ本『シャッター』。
構成はかなり組み変えられて、消しも薄め。
初々しさ漂う彼女のオマ〇コ丸見えなんですネ。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“先月の『蒼い時間』の表再生本二冊同時発売に続き、
今月は『シャッター』の微妙に構成の違う二冊同時発売。人気者やネ。85点”

本作「さやか」が紹介されている左側に、

「OMANKO GAME」という、
「シャッター」のオモテ再生ビニ本が紹介されているため、

“今月は『シャッター』の微妙に構成の違う二冊同時発売。”という記述が見られます。

また、

“初々しさ漂う彼女のオマ〇コ”と書かれていますが、
マンコだけでなく全体的に初々しいのが彼女のいちばんの魅力だと思います。

マンコにチンポを挿入されたときの表情や、
チンポを咥えるときの表情、

さらには、
胸にザーメンを発射されたときの表情もふくめて、

初々しくてお淑やかな雰囲気が漂っていて、
すさまじく興奮させられます。

本作「さやか」のなかではあまり使われていませんでしたが、
単体ポーズのときの笑顔も、

天真爛漫で愛嬌があって惹き込まれました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

SLENDER スレンダー_52

ビニ本「SLENDER スレンダー」(コンパル出版)1984年(昭和59年)07月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本ですが、

実は以前に同じ作品を取り上げています。
ではなぜまた取り上げるのかといいますと、

いちど取り上げたことを忘れており、
また記事を書いてしまったからです。

アップ予定にしていたところで気がつきました。

そのため、
あらたに書いた記事を消去しようと思いましたが、
せっかく書いたのでもったいなく、消去せずに保管していました。

とはいえ、
公開するのも抵抗がありますから、

公開予定がない〝下書き〟にしていました。

それなのにここにきて公開ようと思ったのは、

2024年になって、別の作品ですが、
同じビニ本を二度取り上げてしまったことがあったからです。

それは、アップしてから気がつきました。

いちど重複してアップしていることもあり、
今回の記事を、ずっと〝下書き〟にしておくのはもったいないと思い、

アップすることにした次第です。

もしも私が屋根の塗装屋なら、
おい!そこはいちど塗ったぞ!と怒られてしまいでしょうが、

このブログを書くのは、
仕事ではありませんから、

そのあたりは、ゆるくいきたいと思っています。

とはいえ、
意識的に同じ作品をなんども取り上げようとは思っていません。

そんなことになると、
いつまでたってもブログが完了しないからです。

2020年にブログをスタートしたときもうすでに、
すべてのコレクションを取り上げたら、

ブログの新規アップをやめようと思っていました。

個人的な昔話や、
また当時のエロメディアに関することも、

合間合間にはさんでいこうとも思っていました。

そしてブログが完了したあとは、
過去の記事を読み返しながらニヤニヤしたいというのが目標でした。

前置きが相当に長くなってしまいました。

日常生活でも、
結論までが長すぎるといわれる私ですが、

こうして文章を書くなかでも、
自分の性格がきちんと反映されているという気持ちです。

ハンドルを握ると性格が変わる人がいるという話は、
よく耳にしますが、

私の場合は、キーボードを打っても、
性格はさほど変わっていないという点では安心しています。

さて、
あまりに前置きが長かったので、

ここまででもうすでに撤退しているかたもいるかもしれませんが、
ここでやっと本題に戻りますと、

以前に私が書いた記事は以下です。

ビニ本「SLENDER スレンダー」(コンパル出版)

いつもは月曜日から木曜日、週4回アップしていますが、

今回は、以前に同じ作品を取り上げていますので、
イレギュラーということで金曜日にアップしました。

同じ作品の記事なのに違うことを書いているかもしれませんが、
記事を書いたときに思ったことですので、

そこは生温かい目で見ていただきますようお願いいたします。

それから、
画像だけは以前と変更しました。

今回は、トップ画像が裏表紙で、
記事のあとに掲載した画像は中身の一部です。

それでは以下が、
いちど取り上げているのにそれを忘れて、

同じ作品についてもういちど書いた記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビニ本のタイトル通りスレンダーなお嬢さん。
あどけない感じがして可愛らしいです。

表紙のメインカットと、
人物の左にある股間ドアップカットは、

マンコはもちろん内部の一部も透けて見えています。
(画像アップの際にモザイクを入れています。)

上半分が肥大した肉ビラと、
お嬢さんのあどけないルックスとのギャップが刺激的に映りました。

表紙をめくった中身の最初のページに、
お嬢さんが楽しそうに笑っている顔のドアップ。

歯並びも良くて上品そうで、
女子アナみたいな雰囲気も感じました。

そのあとは、
マンコ見せポーズが最後まで続きます。

マンコ隠しはベールとスケパンで、
いずれも生地が薄くてマンコも陰毛も、ほぼストレスなく楽しめます。

ちなみに、
表紙をふくめ中身も印刷上の消しはまったく入っていません。

ところで、
全裸のお嬢さんが股間にシャワーをあてて、
マンコを隠しているカットが複数登場します。

水滴が邪魔になり、
ほとんどは陰毛しか見えないのですが、

1カットだけは、下半分の亀裂がぱっくり開いているのが直に見えています。

背後からのアングルで、
前からあてられたシャワーの水が、向きを変えて真下に落ちています。

陰毛と肥大した肉ビラにさえぎられたと思うと、
とても興奮しました。

とはいえ、
マンコはややピンボケ気味で暗く写っており、

はっきり見えているわけではありません。

しかし、
尻のぷりぷり具合がとてもヒワイに写っていて、
ぼんやり見えるマンコよりも興奮しました。

お嬢さんはバストは大きくないですが、
ヒップは良い感じに弾けていてボリュームがあり、

尻を強調した、背後からのアングルが多いのも嬉しいポイントだと思いました。

とくに私の下半身をとらえたのは、

ベッドでうつむきに寝そべるお嬢さんを、
後ろの方向から写したカットです。

ポーズの説明が難しいのですが、

お嬢さんは少し股を開いて、
膝から下を上にあげて、さらに両足の親指を尻の上で交差させています。
正確には交差ではなく少し触れているだけですが。

そして、幅15センチくらいの長方形ベールが、
マンコと尻肉のうえに被せられていました。

ベッドのすぐ先には鏡があり、
お嬢さんの物憂げな顔が写っています。

単体ビニ本や普通のヌード写真では、
あまり見かけないポーズだったので注目したのかもしれませんが、

いずれにしても、
ひたすら揉みまくりたくなるいい尻です。

さて、オレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ 幼ないロリコン少女の魅力ですね。
シャワーの水をスケパン代りに採用した新手のボカシはユニーク。
はっきり申して丸見えなのです。皆さん、コンパルの努力に、ハイ拍手!”

シャワーで股間を隠すやり方は、
単体ビニ本や普通のエロ本とかでよく見かけると思っていたのですが、

本作が発売された当時は、まだ新しかったようです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------


SLENDER スレンダー_03

恋物語_01

ビニ本「恋物語」(ノア企画)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


カラミのビニ本です。

同じお姉さん出演の作品を、以前に取り上げています。
以下です。

ビニ本「今宵あなたと」(協和図書)
ビニ本「PENGUIN'S GAL ぺんぎんず ぎゃる」(千曲出版)

「今宵あなたと」は裏本のオモテ再生。
「PENGUIN'S GAL ぺんぎんず ぎゃる」は単体作品ですが、

本作「恋物語」はビニ本オリジナルのカラミ作品です。

そのため、
マンコへのチンポ挿入はありません。

セックス場面は出てきますが、
すべて疑似本番だと思われます。

さらに、
お姉さんの股間には面積小さめながらスミベタが入っており、

マンコは見えません。

フェラ場面もありましたが、
チンポにもスミベタが入っています。

また、
股間のドアップカットがひとつも無く、

お姉さんと男優の全身が、
ほぼ写り込むような感じの写真ばかりです。

何がいいたいのかというと、

「今宵あなたと」のように、
スケパンやベール越しマンコを堪能できるわけでもなく、

かといって、
「PENGUIN'S GAL ぺんぎんず ぎゃる」のように、
ハードなカラミを楽しめるわけでもありません。

お姉さんのスケベそうな肢体が、
唯一の興奮ポイントでしょうか。

他方、
いまあらためてみると、

部屋のなかにある小物、
人形やぬいぐるみや時計とか、ブラウン管のテレビなど、

懐かしアイテムに注目する楽しみかたはできると思いました。

ところでお姉さんは、

「今宵あなたと」ではパイパンマンコ、

「PENGUIN'S GAL ぺんぎんず ぎゃる」では、
剃毛のあと、恥丘部分に短めの陰毛が生えているという雰囲気の陰毛でした。

本作「恋物語」では、
スミベタで隠れていて陰毛は見えないと書きましたが、

たとえば表紙のメインカットを見るに、
パイパンのようです。

私は、
マンコが見えないほど陰毛が濃すぎるよりは、

パイパンのほうに好感を持っていますが、

いずれにしても、
本作ではマンコ本体が見えていないので、

読者は、パイパンの恩恵を受けられません。

さて、
記事のあとに裏表紙を掲載しました。

掲載した理由は、

前々回取り上げた、ビニ本「ザ・レイプ」(ミドリ書房)と、
まったく同じあおり文句が入っていたからです。

あらためて書き出しましたが、以下の文字です。

“●超過激SEXの好きな方に送ります●
心臓の弱い方は絶対に見ないでください。”

前々回取り上げた「ザ・レイプ」はミドリ書房の発行で、
本作「恋物語」はノア企画の発行です。

発行元が違うのに、
どうしてあおり文句が同じなのかは不明です。

あおり文句の定型文として、
複数の版元で使いまわす慣例ができあがっていたのでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

恋物語_52

ザ・レイプ(ミドリ書房)_01

ビニ本「ザ・レイプ」(ミドリ書房)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


カラミのビニ本です。

表紙は手錠をかけられて排尿中のお姉さん。
羞恥と屈辱が合わさったような表情が扇情的です。

タイトル通りテーマはレイプですから、
強制的な排泄ということでしょう。

本作は、
ふたりのお姉さんが登場しています。

表紙のお姉さんが前半に登場し、
後半は、もうすこしスレンダーなお姉さんが登場するオムニバス形式です。

内容をくわしくみていきますと、
前半は、表紙のお姉さんと男優とのカラミでスタートです。

冒頭はレイプっぽさはなく、
通常のカラミです。

しかし、
そのあとで男優がもうひとり登場しレイプがはじまります。

男たちに押さえつけられたお姉さんは、
口にタオルを巻かれ、両手に手錠をハメられます。

そして強制フェラや、
マンコへのバイブ挿入を経て、

表紙写真のような強制排泄となるわけです。

ちなみに、
すべてのマンコと結合部には、
表紙と同じく引っ掻いたような消しが入っています。

陰毛のカゲはおぼろげに確認できますが、
マンコ本体は見えません。

マンコへのチンポ挿入は疑似ですし、
レイプの迫力も感じられず。

そこまで興奮を誘う内容ではありませんでした。
表紙に使われている写真がもっともエロいカットだと思います。

そして後半、
最初のページに、“タイピスト 千恵美の場合”という文字が書かれており、

“千恵美さん”が雑草が茂る屋外で排尿している写真が、
文字のまわりを取り囲んでいます。


そして、
“千恵美”さんの排尿姿を盗み見ていた男に襲われて、
レイプされてしまいます。

最初は屋外でハメられ、
そのあとは、部屋のなかに連れ込まれてベッドのうえでハメられます。

マンコにバイブをあてがわれたり、
口紅をマンコに挿入されたりしますが、

迫力がないうえに、
マンコには、前半と同じく引っ掻いたような消しが入っています。

そのためマンコも陰毛もほぼ見えません。

また、マンコにチンポは挿入されておらず、
カラミは疑似本番です。

ちなみに、
後半登場のお姉さんですが、

OL風のルックスをしていて、スレンダー体型で美乳でした。

前半、後半ともに、
露出度は低くプレイの迫力もありません。

ところで、
裏表紙に以下の文字が書かれていました。

“●超過激SEXの好きな方に送ります●
心臓の弱い方は絶対に見ないでください。”

わかりやすいように、
記事のあとに裏表紙を掲載しました。

マンコが見えず疑似本番なうえに、
大げさなあおり文句ということで、

私の評価は低いです。

そんななか、
前半登場のお姉さんの排泄が本物っぽいのが救いでした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

ザ・レイプ(ミドリ書房)_52

このページのトップヘ