AXIS アクシス_01

ビニ本「AXIS アクシス」(発行元不明)1985年(昭和60年)09月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


カラミのビニ本で、裏本を表再生したものですが、

まず以下に、オレンジ通信の紹介文の全文を載せました。

“これまた先日『恋模様』なる題で出ていたURA本の表再生だ。スミベタはあるものの、
川島恵美子嬢のおまん♡がキュウスを咥え込んでいるカットは何度見ても面白いですなあ。”

業界ではかなり有名なモデルさんのようです。
また、キュウスの柄だけでなく、もちろんチンポもハメられており、

結合部のドアップが10カット程度あるのですが、
マンコがビショビショに濡れている様子が確認できるものもあり、
とてもヒワイな内容になっています。

ただし、比較的濃い印刷上の消しが入ってまして、挿入場面はほとんど見えません。
オマンコ単体写真で何カットか、薄っすらと透けているものがある程度です。

ちなみにボディプレスでも、

“うーむ、ゾンビ本じゃ。まったく、オメコのかけらさえ見えません。~”

と書かれていまして、マンコが見えないゆえに酷評されていました。

では、元本の裏本「恋模様」はどうだったのかと思うわけですが、

以下、ボディプレスの、「恋模様」紹介文の一部です。

“ウラ本、ウラV、ビニ本出演等とかなり気ままに出てらっしゃる彼女ではあるが、
このフテ顔はどーも、印刷物向きではないな。
ウラV「それはキッスではじまった」は私も見ましたが、
動いている時はさほど感じなかったいかにもつまらなそうな顔は、
この本を見るかぎりかなり気になる。~”

執筆は、斉藤修氏です。

ヤル気がなさそうに見えるカラミを酷評しているのですが、

紹介文の後半は、マンコが美形で、身体が柔らかいため、
結合部分を見せるには申し分がないモデルだと締めくくられています。

「それはキッスで始まった」というタイトルの裏ビデオが出てきました。

私はまたしても、それを探すわけですが、

オレンジ通信の奥出哲雄氏の評価も、斉藤修氏同様に良くありませんでした。

“困った凡作である。”

“本作のビニギャル(注・ここ最近のビニ本に出演している)は
まったくのビジネス本番なのであります。”

斉藤氏が、“つまらなそうな顔”と表現したカラミを、
奥出氏は、“ビジネス本番”と表現していますが、

反応があまり良くないということだろうと思います。

ちなみに、裏ビデオ「それはキッスで始まった」はボディプレス創刊号の、
裏ビデオコーナーのトップで紹介されていました。

そこに、興味深い記述がありましたので、
少し長くなりますが、以下、引用しました。

“高校を卒業してから丸3年、ノーパン喫茶を皮切りに、マントル、デート喫茶、ホテトル、
ファッション・マッサージと歌舞伎町周辺のSEX産業を総舐めにした風俗ギャルの出演作。
風俗業界を引退してすぐに表のアダルトビデオ界に登場、主演作は10本を越える。
私もKUKIで『風俗ギャル通信シリーズ』のA号で彼女を撮ったことがあるが、
さっぱりした気のイイ女の子でとうとう裏ビデオも登場しちゃったかと万感の思い……。~”

執筆者の“私”とはいったい誰なのかというと、

AV監督の伊勢鱗太朗氏です。

1980年代、アダルトビデオに親しんだ私のようなマニアには、
KUKI作品の監督としての認知が一般的ではないかと思います。

かつて私は、学生のときに、
全国の代表的なブルーフィルムを集めて作品にしたアダルトビデオを、
レンタルビデオ店で借りて見たことがあります。

伊勢鱗太朗氏が編集したものでした。

ブルーフィルムの映像が流れるのと同時に、
伊勢氏のコメントがテロップで入っていたように記憶しています。

普通のアダルトビデオには飽きていたのと、好奇心からだと思いますが、
たしか、名作と呼ばれていたフィルムばかりでした。

私の出身の高知県で活動していた制作グループもありまして、
そのことも、好奇心を後押しした原因ですが、

見た結果は、それなりに面白かったものの、
画質が悪く、無音でして、とても実用的な代物ではなかったことを覚えています。

とはいえ、はじめからオカズにするつもりではありませんでしたが…。

話がかなり脱線してしまいました。

ビニ本「AXIS アクシス」の話に戻しますと、

川島恵美子は、色白美肌で身体はキレイです。

ハードなセックスもこなしていますし、少なくとも私には、
“つまらなそうな顔”には見えません。

とはいえ、エッチが大好きというようにも見えませんし、
“ビジネス本番”といわれれば、なんとなくそう見えなくもありません。

さらに、飛びぬけて目を惹くルックスではないうえにヤセ型です。

ぽっちゃり好きな私としては、触手は動きませんでした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------