街角物語_01

裏本「街角物語」1985年(昭和60年)03月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


面倒見のいい年下の女の子みたいな雰囲気がして、
可愛らしい娘さんだと思いました。

前方から風が吹いたのでしょうか、
髪の毛の一部が後ろになびいているのもいい感じです。

表紙カット以上に、
裏表紙のカットは魅力的なので、記事のあとに掲載しています。

同じ娘さん出演の作品を以前に取り上げています。
以下です。

ビニ本「夢しずく」(宝出版)
ビニ本「トゥナイト」(ワタナベ企画)
ビニ本「メイデン MAIDEN」(美研企画)

「トゥナイト」や、
本作「街角物語」のような妹系で可愛らしい娘さんが、

なぜ「夢しずく」のような、
貫禄のあるルックスになったのか、

私はいまだにモヤモヤとしています。

逆の変化、
つまり、貫禄ありのルックス→妹系ルックスという流れはあり得ないことを思うと、
娘さんの変化は仕方がなかったのかもしれません。

それはさておき、
本作「街角物語」の内容ですが、

マンコを広げられているカットが多用されているのが目立ちます。

その一方で、
マンコに根元までチンポが挿入されているカットはなく、
亀頭までの挿入しかありませんでした。

マンコにチンポの先端が添えられているか、
または、亀頭部分だけが挿入されているかのどちらかです。

いずれにしても、
マンコにチンポが接触しているカットは少なく、
5カットだけでした。

印象としては、
ビニ本オリジナルのカラミでよく見られた疑似本番です。

吸着力のありそうなむっちり系の娘さんなので、
マンコへのチンポ挿入がないのは残念です。

ただし、
バイブの挿入はありました。

バイブ挿入のドアップカットだと、
マンコ肉がバイブに吸い付いているように見えますから、

チンポ挿入がないのは、なおのこと残念です。

フェラカットも、
娘さんは深く咥え込んではおらず、亀頭部分を少し舐める程度です。

そのため、
娘さんに身体を密着させながらマンコを広げるのが、
男優のメイン仕事になっています。

全体的な印象は、
男優がマンコ見せをサポートする単体ビニ本といったところです。

娘さんの単体マンコを堪能できるかどうかで、
本作の興奮度が変わってくると思います。

ちなみに私は、
それなりに楽しめました。

男優の手でかなり広げられているマンコや、
そんなに広げられていないマンコなど、

マンコは、状況によっていろいろな表情を見せます。

膣口が開いていて、内部の膣壁がすこし見えていて、
また尿道口も丸さらしのカットがあるかと思えば、

マンコ肉が閉じて内部の具が見えないカットもあり、

その変化を見くらべるのも興奮する時間でした。

さて、
オレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ 彼女は一体どれくらいの数のウラ本に出たのでありましょう。
最近では、オモテのアダルトV(勿論、本番アリ)にも顔を出し、
嘘かマコトか本職はワープロレディなのだそうです。
もっとも、ついこの間までは(裏)ビデオ屋さんの店員だったり、
ファッションヘルスGALであったりと、
歌舞伎町関係にヒンパンに出入りしていた流転娘ではありました。
下半身肥大気味さえ気にしなければ、まぁまぁ平均点の一冊であります。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“これまた再生本か。近頃、表本番V、かつては裏本最多出場GALの一作。50点”

“下半身肥大気味さえ気にしなければ、まぁまぁ平均点の一冊”とのことですが、

“下半身肥大気味”よりも、
チンポの挿入が未遂だったことについて書かれていないのが不自然です。

ボディプレスをみてみますと、

カッコだけで咥えていないフェラチオだから、
チンポがボッキしてないという趣旨のことが書かれていました。

あらためて本作「街角物語」をみますと、
たしかにチンポの元気がありません。

チンポの元気がないので、
マンコへのチンポ挿入がなかったのか、

それともチンポ挿入なしの取り決めになっていたのか、

はたまた、
チンポ挿入なしの取り決めだったため、
チンポの元気がなかったのか、

いろいろな可能性があると思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

街角物語_52