FUNZI_01

裏本「FUNZI」1985年(昭和60年)07月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

スケベそうに見えるお姉さん。
水商売テイストも感じさせます。

また、
眼差しがとても優しそうに見えるので、

もしも水商売のお姉さんなら、
癒されたいときはお店に通ってしまいそうです。

私はお酒を飲まないので、
ノンアルコール飲料かウーロン茶ですが。

そんなことはさておき、
このお姉さんの作品を取り上げるのははじめてだと思います。

さて、本作の内容です。

最初に数ページ、
お姉さんは黒のスリップ姿で登場します。

マンコ見せポーズのあと、
チンポをしゃぶり、そのあとでマンコへのチンポ挿入という展開です。

正常位やバックをはじめ、
背面騎乗位、騎乗位といろいろな体位でハメられていて、

結合部分のアップもたくさんあり、
見ごたえ充分な内容だと思いました。

お姉さんは美乳でスタイルがとても良いので、

全身が写り込んでいる、
いわゆる「引き」のカメラアングルのカラミシーンが映えます。

さらに、
アヘ顔も見どころのひとつで、

本気で感じている様子が伝わってきました。

また、
マン汁が糸を引いている結合部ドアップカットを見つけ、

本気で感じているという妄想が、
確信に変わりました。嬉しい瞬間です。

というわけでオレンジ通信です。
以下、紹介文の全文です。

“ 顔立ちは好きずきだと思いますけど、
なんといってもこの本気いっぱいの熱中ファックは素晴らしいのだ。
もう、ついつい気が入ってしまったなまめかしい表情を見てください。
頬もホンノリと赫味がさしていて、
フェラチオ場面もお口一杯に頬ばった千摺必見のピカイチ写真なのです。
 おまん♡もまあまあ、ちぢれカールがかったアンダーヘアも絶景の色っぽさなのでありました。
買うべし!”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“本気いっぱいのFUCK写真。紅潮した頬が大変悩ましい優良本ですぞ。 89点”

たしかに、
“本気いっぱいのFUCK”だと思いますが、

私が思っていた以上に高評価なので驚きました。

ライターのかたの好みだったのでしょうか。

さて、
いつも参考にさせてもらっています「さとり資料館」さんのサイトで確認したところ、

お姉さんのモデル名が“Mary Lou”となっています。

お姉さんは日本人じゃなくて東南アジア系なのだろうかと思いました。
たしかにエキゾチックな雰囲気が多少あります。

あらためて本作をみますと、
とくに前半、何ページにもわたり、

英語のまとまった文章が掲載されています。

なんで裏本に英語の文章が、
何ページにもわたり書かれているのだろうかと違和感がありましたが、

じっくり眺めていると、

そのなかで、
“Mary Lou's realizing that a change has come over me,~”という一節を見つけました。

モデル名の“Mary Lou”は、おそらくその英文が根拠です。

また、
“FUNZI”というタイトルも意味不明だと思って、

表紙を再度見ていると、
表紙の右上、“$50”なる文字を見つけました。

50ドルということでしょうか。

そもそも当時の為替レートはどうだったのかと思い、
すこし調べました。

すると、
私が見た証券会社のサイトでは、
「1985年末には1ドル=200円を切るまでの円高が進み~」という記載があります。

ちなみに現在の為替レートを調べてみますと、
1ドルが150円~160円くらいです。

経済に疎い私ですが、
いま円安で騒がれていてることは知っています。

しかし、
“1ドル=200円を切るまでの円高”だった1985年当時よりも、

円安で騒がれているいまのほうが円高だと驚くと同時に、

当時の為替レートだと、50ドルは約1万円となり、
当時の一般的な裏本価格の2倍です。

1985年当時、
本作がアダルトショップでいくらで売られていたのかわかりませんが、

もしも通常の2倍の価格なら、
読者予備軍たちは、オレンジ通信に“
買うべし!”と背中を押されても、

かなり迷ったのではないでしょうか。

また、
そもそも裏本になぜドル価格の記載があったのかは不明です。


-----------------------------------------------------------------------------------------------