OL洋子の秘湯の旅_01

裏本「OL洋子の秘湯の旅」1986年(昭和61年)04月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

同じお姉さんが出演のビニ本を以前に取り上げています。
以下です。

ビニ本「レインボー」(メルサ出版)

本作「OL洋子の秘湯の旅」は、
「レインボー」とまったく同じ内容です。

「レインボー」の元本が、本作「OL洋子の秘湯の旅」だと思われます。

中身は同じなのですが、
違うところがふたつありまして、

ひとつは、
「レインボー」はマンコとチンポと結合部にスミアミが入っていますが、

本作「OL洋子の秘湯の旅」は消しが無いこと。

ひとつは、

「レインボー」は、
表2(表紙の裏側のページ)と表3(裏表紙の直前のページ)は白紙でしたが、

本作「OL洋子の秘湯の旅」だと写真が入っていることです。

「レインボー」に入っているスミアミは、
そこまで濃くなかったため、マンコはそれなりに見えました。

一方、裏本の本作「OL洋子の秘湯の旅」は消しが無く、
マンコも結合部分も丸さらしですから、

ストレスのない裏本鑑賞ができます。

ところで、
プレイ内容については「レインボー」を取り上げたときに、

ひととおりは書いたと思いますが、

おさらいする意味であらためて触れますと、

単体ポーズのあと、
フェラや前戯をはさんで、マンコへのチンポ挿入という、

オーソドックスな流れです。

そして最後は、
お姉さんの口内にザーメン発射があり、

そのあとシャワーシーンが続き終了です。

お姉さんはセックスにとても慣れているのでしょうか、

どのプレイも淡々とこなしている印象があり、
迫力に欠けます。

単体ポーズのときの表情と、
マンコにチンポが突き入れられているときの表情が、

あまり変わらないように見えるのも、
残念な部分だと思いました。

とはいえ、
興奮ポイントも複数ありまして、

まず、エロいむっちりボディ。
加えて、小ぶりマンコや具が多そうなマンコ内部もいい感じです。

あと、つけ加えるなら、
陰毛の濃さと形状が理想的です。

逆三角形で全体的に薄く、
恥丘部分の地肌が見えているのは私好みです。

プレイの迫力がもう少しあり、
またお姉さんがもう少し若く見えるビジュアルならば、

もっと興奮したと思いました。

さて、
オレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ OLというより、水商売の女性でありましょう。
うむ、かなり色っぽいですな。熟々のタイプ。
こういうタイプが好みの男性もいらっしゃるでしょう。
ですからオクデ先生としては余り否定的な御意見は差し控えたいとは思うんですが、
どうも、しかし。
 彼女のような既に使用済み女性の本番写真というのは、
今さらワザワザ見なくてもヨイと愚考するのであります。
それに、本気っぽいオマンコ写真も見当らず、
スペルマ口内放出の一枚はあるものの、やはり、
この手の女性なら簡単にやらせてくれそうに見えてしまうという感じがするんですね。
というわけで、皆さん、スミマセン。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“なかなかにハヤリっぽいタイトルではありませんか。
とはいえ、秘湯ではなく、
舞台はいつもの通りシティホテルの一室の本番写真集なのであります。  52点”

気が付きませんでしたが、
たしかに秘湯の要素がまったくありません。

ホテル内のバスルームに浸かる姿すら出てきません。

とはいえ、タイトルと内容が無関係なのは、
ビニ本裏本あるあるということであまり気にはなりません。

また、オレンジ通信に書かれていたように、
OLというよりも水商売の女性のように見えますし、

もしも“洋子”さんがOLだとするなら、

勤続年数の長いお局さんで、
部下の年下男性社員をホテルに連れ込んだようにも見えました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------