花園の女_01

ビニ本「花園の女」(真光社)1986年(昭和61年)03月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


カラミのビニ本です。

以前に同じお姉さん出演のビニ本を取り上げています。
以下です。

ビニ本「お祭り」(マスミ書房)
ビニ本「淫乱未亡人」(東企画)

本作「花園の女」は、「お祭り」とまったく同じ内容です。

マンコや結合部分に入っている消しの状態が違っているだけでした。

「お祭り」は、マンコはほぼ丸出しで、

チンポにマジックで塗ったみたいな消しが、
アバウトに入っているだけでしたので、

裏本感覚で楽しめる一方、

本作「花園の女」は、
マンコ全体、または結合部全体にスミアミが入っていました。

とはいえ、スミアミはとても薄く、
マンコはそれなりに見えており、露出度は高いほうだと思います。

また、
「淫乱未亡人」とも重複している写真が多いです。

ひとつひとつ照らし合わせたわけではありませんが、
おそらく同じ写真ばかりだと思われます。

写真の順番が違っているだけでしょう。

というわけで、
本作「花園の女」について、

今回あらたに付け加えることはほぼありません。

そのため、
オレンジ通信をみていきたいと思います。

以下、紹介文の全文です。

“ 彼女に関してはかなり好みの別れるところでありましょう。
でもでも挑発的眼差&切なそうな喘ぎ顔は結構イケルんではないかと感想する私であります。
お祭りGALのハッピ本番なのであった。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“あっちこっちに傷をこさえてるオテンバ娘なのだ。63点”

眼差しとあえぎ顔もたしかにいい感じなのですが、

デカいクリと、厚めのしっかりとした肉ビラ、
むっちりボディが、私はとてもヒワイだと思いました。

ところで、
本作のお姉さんのように、

ハッピ姿の女性に興奮する層はいたとしても、
そんなに多くないのではないかと思いました。

とはいえ、私自身のことを考えてみると、

たとえばネットで、
“ギャルみこし”というニュースがあると、つい見てしまいます。

風物詩や伝統文化を知るというような高尚な気持ちはまったくなく、
ギャルたちが太ももを丸出しにしたエロい姿が見たいためです。

というわけで、
“ギャルみこし”をネット検索しますと、

ハッピを脱いで、サラシだけの姿も見ることができ満足です。


それはいいとして、

女性陣が着ているハッピは華やかな紅白です。

一方、
本作「花園の女」のお姉さんが着ているのは、

一般的な色のハッピで、
紅白ハッピとくらべると地味に見えます。

何がいいたいのかといいますと、

カラフルな紅白ハッピを着たモデルさんが登場するビニ本を見てみたかったということです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------