いじめて_01

ビニ本「いじめて」(総合)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


SMのビニ本です。

表紙では、色白むっちりのお姉さんが拘束されています。

表紙左下の円内の写真には、
マンコ周辺と浣腸器が写っていて、

表紙の中ごろには、
“繩・ローソク・バイブレーター・完腸の苦痛”というキャッチコピー。

プレイのハードさに期待が高まります。

以前に同じお姉さん出演の作品を取り上げています。
以下です。

ビニ本「みだれ神」(千代田企画)

いつも参考にさせてもらっています、
「さとり資料館」さんのサイトで確認してはじめて、

同じお姉さんということがわかりました。

ちなみに、「みだれ神」でも、本作「いじめて」でも、
お姉さんはパイパンマンコです。

陰毛の処理具合は、
本作「いじめて」のほうがきちんとなされているように見えます。

「みだれ神」だと剃り残しの陰毛があったのですが、
本作「いじめて」ではそんなに目立ちません。

また、
「みだれ神」は単体ビニ本だったので、
お姉さんの顔は正面からきちんと捉えられていましたが、

本作「いじめて」だと、目を閉じているカットばかりです。
縛られたうえに、責められているので仕方がないと思いつつも、

普段どんな顔をしているか、
知りたい読者も少なくないと思います。

苦悶顔とのギャップを見たいからです。

さて内容ですが、
じつは表紙でもうすでにマンコ丸さらし状態です。

厳密にいうとスミアミが入っていますが、
とても薄いため、

肉ビラがバイブの表面に貼り付いている様子もはっきりと確認できます。
(画像アップのさいにモザイクを入れています)

というわけで中身も、
表紙同様に露出度は高いです。

一方、プレイ内容はたいして多くなく、

緊縛されてのバイブ責めや、ロウソク責めだけです。
放尿シーンもありました。

表紙に登場していた浣腸カットですが、
中身だと本格的に取り組まれておらず、

表紙と同じようなカットがひとつあるだけでした。

また、ロウソク責めは、
お姉さんの下腹部に少しだけロウが垂らされているだけで、

そこまで激しい責めではありません。

ページ数の割合でいうと、緊縛でのバイブ責めカットが圧倒的に多いです。

次に多いのは、
文章が入ったモノクロページです。数えると16ページありました。

カラーページと同じような写真が入っているのですが、
メインは文章でして、

写真の外側に掲載されているページもあれば、
写真のなか、被写体のうえに乗っかるように文章が掲載されています。

文章の内容はお姉さんの告白手記です。

モノクロページがはじまる最初のページに、“SM告白PARTⅠ”。
途中に、“SM告白PARTⅡ”と書かれていました。

それなりに興奮を誘うエロい内容でしたが、
本作で展開されているプレイとの共通点は緊縛のみです。

写真だとマンコへのチンポ挿入はありませんが、
告白では、縛られてのセックスが綴られていました。

全体を通じてみますと、プレイは単調ですが、
マンコが見えていますし、

モデルのお姉さんの身体がむっちりでエロいため、
興奮度は高いと思いました。

ところで、

緊縛される女体は、スレンダーボディよりも、
本作のお姉さんのように、色白でむっちり系のほうがはるかに絵になります。

それに、本気で嫌がっている表情が加われば、
完成度はより高まると思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------