美女遊戯_01

裏本「美女遊戯」1987年(昭和62年)10月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

出演は美形のお姉さん。

やや疲れたように見える表情をしていますが、
整った顔立ちでスタイルも抜群です。

表紙だとやや表情が強張っているので、
お姉さんの魅力が伝わらないと思いまして、

記事の最後に裏表紙も掲載しました。

チャーミングな笑顔に惹かれます。

さっそく中身をみていきますと、
前戯の数ページのあと、セックスシーンが展開します。

また、
途中から男優がもうひとり登場して3Pとなるのですが、

お姉さんと男優ふたりが同時に写り込んでいるのは合計7カットと、
そんなに多くありません。


そのうち2カットは、
腰を宙に浮かせた態勢でハメられているお姉さんの、
上半身を支えるためだけの登場です。

基本は1対1のカラミが展開するなか、
複数プレイはちょっとしたアクセントになっているだけのようです。

正常位、背面騎乗位、女性上位など、
お姉さんはいろいろな体位でハメられていて、

お姉さんの身体を男優が隠さない配慮がなされているのは読者としては嬉しいです。

そのため、

結合部分丸さらしのヒワイさもさることながら、
お姉さんスタイルの良さが強く伝わります。

美乳で美脚、
尻のボリュームも理想的だと思いました。

レースクイーンのハイレグ衣装がとてもよく似合いそうなモデル体型です。

裏表紙の写真にありますが、
ワンピースの水着姿や、表紙でもモデルが着用するみたいなビキニ姿。

もしかしたら、
レースクイーンとしても活動していたのかもしれないと、

スケベな妄想を駆り立ててくれました。

しかしその一方で陰毛は未処理です。

正面から見ると火の鳥が羽ばたいているように見える形状だと思いました。

濃さは平均的だと思いますが、
全体的に毛足は長いですし、マンコ亀裂の下部も毛足が長く、

チンポの挿入によって、
陰毛がマンコ内部に押し込まれてしまうのではないかと、
楽しい妄想を促してくれます。

また、
マンコにチンポを突き入れられているときのお姉さんの表情がとてもエロく、

とくに女性上位や騎乗位でハメられているときに、
背後を振り返ったときのカメラ目線の表情にゾクゾクさせられました。

さてオレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ ケッ、オレは若い娘っ子のおまん♡見たって全然立たないぜ!
やっぱりこう、溢れんばかりの色気が漂ってくる大人の女が一番だね
――このように思われた方なら、この一冊が一番のお推めであります。
十代には十代の、そして成熟した女性には成熟した女性の魅力というものが確かにある。
それを分からせてくれるのが彼女なのであった。
男二人を向こうにまわしての堂々としたハメられっぷりは、さすがにお見事。
難点をあげるならば、その印刷があまり芳しくなく、
全体にどこかモヤモヤとした感じになってしまっているところでありましょうか。
真っ赤なルージュがイヤミにならず良く似合う女
――そんな彼女の上品でイヤラシイFUCKを存分に堪能していただきたいものです。
69点   ●印刷――Aの下”

オレンジ通信のライターの方の、
出演お姉さんへの思い入れが強く伝わる内容だと思いました。

ところで、
いつも参考にさせてもらっています「さとり資料館」さんのサイトで調べましたところ、

以前に取り上げています作品に出演している同じお姉さんでした。
それが以下です。

裏本「楽園」

「楽園」では和装、
今回の「美女遊戯」ではバブル期のコンパニオンガールみたいな雰囲気だったので、

同じお姉さんだとは気がつきませんでした。

あらためて「楽園」を見なおしてみましたが、
「楽園」「美女遊戯」いずれもそれぞれ魅力的に見えます。

一方、
和装、洋装の着衣を取り払った全裸ボディが共通しているのは当たり前ですが、
やはり極上だと思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------


美女遊戯_52