BLUES ブルース_01

ビニ本「BLUES ブルース」(ペット出版)1986年(昭和61年)10月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


カラミのビニ本です。

すさまじくエロい表紙カットです。

結合部分がほぼ消されていないうえに、
白濁したマン汁がお姉さんのケツの穴にまで垂れ落ちているからです。
(画像アップのさいにモザイクを入れています)

表紙の右下に、
出演モデルの正面顔が掲載されています。

裏本やビニ本界隈ではよく知られたむちむち系のお姉さん。

以前に以下の作品を取り上げています。

ビニ本「し・の・び・愛」(コトブキ企画)

本作「BLUES ブルース」は、
「し・の・び・愛」と中身がまったく同じでした。

表紙と裏表紙が違っているだけです。

あとは、
印刷上の消しの面積の大きさや濃さが違っているわけですが、

どちらも似たりよったりで、露出度はとても高いです。

よくみてみると、
本作「BLUES ブルース」のほうが
「し・の・び・愛」よりも、
若干スミアミが薄いような気がします。


また、
「BLUES ブルース」は、
円形のスミアミが使われているカットが多いのですが、

「し・の・び・愛」は、
マンコ亀裂やチンポのかたちに忠実にスミアミが入っているカットが目立ち、

その形状自体が気になってしまい、
邪魔と思える場面も少なくありませんでした。

それはともかく、
「し・の・び・愛」を取り上げたときにいろいろと書きましたので、

内容が同じ本作「BLUES ブルース」について、
付け加えることはあまりありません。

というわけでオレンジ通信をみていきます。以下、紹介文の全文です。

“ 髪をアップにした方が僕の好みなんですが、
髪ふり乱してのSEXっていうのも農厚そうで悪くない。
ややお肉のだぶつきが気になるのは体質ってやつですから、
デブと言うよりは豊満な肉体という
表現の方が適格です。
インシンの形状からすると、性生活は乱れてはおらんようですが、やはり熟れ頃、
白い愛液をしたたらせてよがるなんざ、いい眺め。
バスルームでは額に汗してチン棒咥えるいい根性。
消しも薄い。本気のよがりがご立派!”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“熟女の一歩手前といった風情の彼女、
愛液ジクジク溢れさせての本気FUCKだ。83点”


“愛液ジクジク”の本気度満点なカラミと、
むちむちのエロいボディに加えて、

癒し系のルックスが、
お姉さんのチャームポイントだとあらためて思いました。

ところで、
オレンジ通信には“熟女の一歩手前”と書かれています。

私には、お姉さんの年齢は20代後半に見えました。
だからこそ“熟女の一歩手前”なのでしょうが、

30歳を超えるともう熟女ということで、
いまの価値観で考えると、

“熟女”カテゴリーに入る年齢がはやすぎる印象はあります。
それだけ当時のビニ本や裏本のモデルさんが若かったということでしょう。

ところで、
ビニ本や裏本とはまた別の話になりますが、
最近はエロ本読者の高齢化がすすんでいるようです。

年齢層をどのようにして調べているのだろうと疑問ですが、
編集部あてに読者から送られてくるハガキから得た情報なのでしょうか。

高齢化が進行しているということを疑っているわけではなく、
私も、直感的には高齢化が進行しているように思います。

もちろん紙に印刷されたエロ本のことで、

電子データ化されたものをダウンロードして楽しむ年齢層は、
それなりに若いのかもしれません。

なにがいいたいのかといいますと、
1980年代当時は、モデルさんも読者も若いのが当たり前でした。

それから当時のエロ本をみるに、
編集者や製作スタッフも同じように若かったと思います。

それがいまは、モデルも明らかに年齢層が上がっていますし、
読者の年齢も高いです。

おそらく編集者も高齢化がすすんでいるものと思われます。

私は、
1980年代当時、ビニ本や裏本だけでなく、
書店に置かれている普通のエロ本の読者でもありましたから、

高齢化がすすむのは少しさみしい気持ちはあります。

それはともかく、高齢化よりも気になっているのが、
最近はとくに、エロ本がどこにも売られていないことです。

書店自体の数が減少していることもあると思いますし、
それなりの規模の書店だと、アダルト雑誌が置かれていません。

わざわざ書店で買わなくても、インターネット購入できますが、

書店や古本屋に足しげく通ってエロ本を物色する青少年時代を過ごした私は、

書店でエロ本と出合って購入するというスタイルが身体にしみついていますから、
インターネット購入だとテンションがあがりません。

とはいいましても、
私自身、ここ10数年は新刊のエロ本を買ったことがないため、

もうすでにエロ本の読者ではないことを思うと、
あまり偉そうなことはいえないかもしれないと反省しました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------