おとなの妄想くらぶ

昭和から平成にかけての、
アンダーグラウンドメディアのお話を中心に綴っていきたいと思っています。
ときに、そこから逸脱することもあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

赤い風車_01

裏本「赤い風車」1984年(昭和59年)09月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


スケベそうなお姉さん。

童貞の青少年が近づくと、
筆おろしされそうな雰囲気も漂っています。

いつも参考にさせてもらっています、
「さとり資料館」さんのサイトで確認しますと、

出演作は本作「赤い風車」のみでした。
ですから、ここで取り上げるのもはじめてのお姉さんです。

中身をみていきますと、
最初からセックスシーンが展開されており、

最後の数ページは、
お姉さんが腰のあたりと下腹部に、

ザーメンを発射されているカットでした。

マンコへのチンポ挿入場面を中心に、
マンコ単体のドアップがあったり、フェラ場面があったりしています。

体位のバリエーションも豊富で、
また結合部分のドアップカットもあり、

興奮度の高い内容になっていると思います。

おっぱいが垂れ気味なのが残念なのですが、
陰毛が薄くて、マンコ左右はチロチロ程度なのは嬉しいポイントです。

肉ビラの肥大がほぼないのも良い感じだと思いました。

もしも肉ビラが平均以上に肥大していると、
チンポで擦りまくられたのだろうかとか、

過度なオナニーかなとか、余計な気持ちを抱いてしまい、
マンコ鑑賞に集中できません。

また、
マンコ単体のドアップカットが複数あり、

膣口や具が多めなマンコ肉、
膣口の奥にある膣壁も確認でき、テンションが上がりました。

すこし開き気味なアナルも興奮を誘います。

同時に、
アナルと膣口の大きさを見くらべてみたのですが、

アナルのほうが大きいように見えます。

ルックスとは裏腹に、
マンコも小ぶりで膣口も小さめなギャップが目を引きます。

裏本ですから、
チンポが突き刺さっているマンコのドアップも複数あります。

マンコからこぼれた白濁マン汁が、
チンポに付着し、さらにはアナルにまで垂れている光景は、

すべての読者を魅了したのではないかと思います。

加えて、
アナルのシワが走る部分に、

ホクロがふたつあるのも見どころのひとつかもしれません。

さて、
オレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ カラダは良いけど、お顔がちょっとねェ…という人は、
「あなたは間違っている!」と私は申したい。
どうです、この気分満点の熟年の色気。
いまどきの若い小娘にはとても出せない、
これはシミジミと大人の味のボッ起感なのだ。
たとえ、多少の演技が入っていても私は構わない。
女の色気とは、こういうものなのだ。
……で、お顔がもう少し良ければねェ…。”

また、紹介文に以下の評価が添えられていました。

“86点 印刷Aの下”

ルックスは好みが別れるお姉さんだと思いますし、
当時のビニ本や裏本のモデルにしては、たしかに年齢も高そうに見えます。

しかし、
ついつい引き込まれてしまう内容のエロさがあります。

あと、
私が注目したのはお姉さんのワキの下の面積が広いことです。

それなりにがっしりとした体型なので、
二の腕からワキの下にかけて、いい感じの豊満さがあります。

正常位でハメられながら、
お姉さんが両手を上にあげ、両方のワキの下が全開になっているカットもあり、

私の下半身をとらえました。

バストから背中に向けて、
肉が
やや余っている感じも好きです。

貧相なワキの下はダメです。

女子マラソンの選手よりも、
女子やり投げ選手のワキの下のほうが、私のフェチ心に響きます。

他方、
太ももの筋肉は発達しているように見えまして、

いろいろな発見のあるエロいボディだと、
あらためて思いました。

※追記
いただきましたコメントで、同じお姉さん出演の別作品を、
以前に取り上げていたことがわかりました。以下の作品です。

ビニ本「愛LAND アイランド」(寿山企画)

上記の「愛LAND アイランド」は、
本作「赤い風車」と内容がまったく同じでした。
しかし、マンコと結合部分に広範囲で濃いスミベタが入っています。
マンコと結合部分が見えているかどうかで、
オレンジ通信の評価に温度差があるのも興味深いところだと思いました。

コメントで教えていただいた内容を反映することで、
ブログが充実していくのはたいへん嬉しいことです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

エクシード_01

裏本「エクシード」1985年(昭和60年)10月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

表紙は、
スタイルが良さそうでスケベな身体のモデルさん。
ただ、顔は写っていません。

裏表紙には顔がわかるカットが使われていましたので、
記事のあとに掲載しておきました。

愛嬌があって、
すこしぽっちゃりしていて魅力的なお姉さんだと思います。

さて本作の中身ですが、

最初の数ページは、マンコ見せポーズが続いています。

そのあと、
クンニやフェラなどの前戯を経て、

マンコへのチンポ挿入という王道の展開です。

お姉さんはおっぱいがとても柔らかそうでエロいですし、
肉ビラの柔らかさも目を引きます。

というのも、
男優が左右の肉ビラを羽のように広げているカットが複数あり、

どのカットも、けっこうな伸び具合だからです。

左右肉ビラの拡張は、
肉ビラが柔らかい女性には試してみたいプレイのひとつだと思います。

また、
セックス場面はいろいろな体位が登場します。

裏本らしく結合部分を見せる配慮もありますし、

結合部のドアップカットもあって、とても楽しめる内容になっています。

それ以上に私を興奮させたのは、
お姉さんのむちむちボディです。

吸着力がありそうに見えるので、
密着したときの興奮度はかなりのものだと思いました。

身体と同じく、膣内の吸着も相当なものに違いないと妄想すると、
興奮度がさらに高まりました。

というわけでオレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ ビニ本にも出演、裏Vでもお馴染みだった欲師丸ちゃんの一冊なのだ。
最近の読者は『スカウトマン』にて、
新宿アルタ前に佇むシロート女性を演じていた彼女の姿が思い出せるでありましょう。
まあハッキリ言って、BUSUの分類に入るモデル嬢なのだ。
が、本作はそこを何とか誤魔化そうと頑張ってはいるんですけど、
やっぱりねえ……。ファック中も集中力がありませんノダ。
で、失敗作でしょうね、コレは。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“裏V『探偵物語』などの欲師丸ひろ子ちゃん、お懐かしの登場なんでありマス32点”

お姉さんは、
裏ビデオの出演歴もあるとのことです。

「ウラビデ大全集」(東京三世社 昭和58年7月15日発行)や、
「ウラビデオ大全集 VOL.2」(
東京三世社 昭和59年1月15日発行)をみてみますと、

「探偵物語」と「スカウトマン」以外の裏ビデオへも、
出演しているようでした。

それはともかく、
“欲師丸ひろ子ちゃん”は、おっぱいの質感もエロいですが、

お尻も負けず劣らず良いです。

騎乗位の場面をお尻のほうから写したカットでは、
理想的なかたちの球体がふたつ並んでいて興奮を誘います。

弾力がありそうな尻肉ですから、

両手でつかんでみたくなりました。

そして、左右尻肉の中心に尻のワレメがあって、
その下にアナル、その下にチンポが突き刺さったマンコ。

しばし鑑賞したい素晴らしいカットです。

マンコ肉とチンポとの接触部分に、
白いマン汁が滲んでいるのも、良いアクセントになっています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

エクシード_52

瞳 _01

裏本「瞳」1986年(昭和61年)10月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

アイドル顔でとてもキュートな娘さん。

以前に、同じ娘さん出演の作品を取り上げています。
以下です。

裏本「愛人就職 少女心」
裏本「EMIKO 高橋恵美子18歳の青春」

「愛人就職 少女心」の記事のなかで、
同じ娘さんが、裏本「艶」に出演していましたということを書いています。

しかし、
あとで気がついたのですが、裏本「艶」に出演の娘さんと、
本作「瞳」や「愛人就職 少女心」に出演の娘さんとは別人でした。

いずれ記事を訂正するか、
加筆で、間違っていたことに触れようと思っています。

ナマの女の人と向き合った経験が少ない素人童貞な私ですから、
雰囲気が似ていたので同じ娘さんかなと思ってしまった次第です。

さて、
本作「瞳」の内容ですが、

「EMIKO 高橋恵美子18歳の青春」と、
表紙と裏表紙以外はまったく同じです。

印刷の色合いも、
紙の質感もほとんど同じだと思います。

いちど同じ内容の裏本を取り上げていますので、
今回あたらしく書くことはないかもしれないと思いつつ、

あらためて気になったところを中心に書いていきたいと思います。

娘さんは、
顔が丸くて目がクリクリしていて可愛らしいルックスなのはもちろん、
若さあふれるボディも魅力的です。

最初のほうに、
イスのうえに立つ男優のチンポを、

娘さんがヒザ立ちで舐めているカットがありました。

ウエストのしまりや、
太もものハリは若さゆえだろうと思います。

想像ですが、
アラサーに近づくと、こんなにハリのあるカーブは出せません。

一方、チンポを咥えているときや、
マンコにチンポを突き刺されているときは、

娘さんは目を閉じていますが、

そのアヘ顔が、あまり魅力的ではないのが残念です。

せっかく元が可愛いのに、
萎えてしまうアヘ顔だと思いました。

私のブログを見ている女性は皆無だと思いますが、
ビジュアルに自信のある女性ほど、

魅力的なアヘ顔を訓練したほうがいいと、
余計なことを考えてしまいます。

あと、気になったところは、

肉ビラがやや色素沈着しているところでしょうか。
小ぶりなマンコで、肉ビラの肥大も平均以下なのに残念なことです。

ロリ系の娘さんの肉ビラは桃色であって欲しいです。

それから、
アナルのシワが崩壊しているのも気になりました。

私としては、
マンコよりもアナル崩壊のほうに意気消沈してしまいます。

具体的にいいますと、
シワのある部分が盛り上がっているため、シワが消えてしまってます。

盛り上がり部分が約5つで肛門が形成されている感じです。

最初からこんな肛門だったのだろうかと思い、
本作「瞳」よりも発売時期がはやい、「愛人就職 少女心」で肛門を確認してみました。

シワはあまり崩壊していないように見えます。

ロリ系の娘さんの肛門は、
シワが均等に走っていて、存在感のあまりないのが理想なので、

これも残念でした。

残念な話ばかり続きましたが、
とてもチャーミングな娘さんですし、楽しそうにプレイしていますから、

全体的には良い内容だと思います。

さてオレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ 新宿ロフトあたりの穴倉に潜り込んで、
ヘビメタしてそうな杉本羽純ちゃんです。
こういう少女は、勿論昼間は早番でヘルスに行ったりなんかしてる訳ですね。
ときにはビデオなんかでも本番する訳ですね。
で、ごくたまーに、裏本なんかにも出る訳ですね。
さすがはヘルシーGALですから、
フェラチオはたいしたもんですが、本番がいけません。
わざとらしい喘ぎ顔は、どう見たって三白眼です。
これでは千摺もできません。とは言いつつ、
若輩者の皆さんにはOKかも分かりませんね。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“またまた再生された杉本羽純ちゃんの風俗本番です。ざァとらしい喘ぎ顔だぜ。 48点”

あと気になったのは、
表紙カットの服装です。

少女っぽいワンピースがとても魅力的です。

制作側が準備した服装だと思うのですが、
娘さんのロリイメージをより強化させる、いいチョイスだと思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ