おとなの妄想くらぶ

昭和から平成にかけての、
アンダーグラウンドメディアのお話を中心に綴っていきたいと思っています。
ときに、そこから逸脱することもあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

早春歌_01

裏本「早春歌」1986年(昭和61年)01月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


おだやかな雰囲気のお姉さんです。

癒しオーラも感じますが、
それは、和服の効果だけではないと思います。

以前に同じお姉さん出演の裏本を取り上げています。
以下です。

裏本「くちびるスイング」

「くちびるスイング」も、本作「早春歌」も同じ和服姿ですから、
同じ日に撮影されたものだと思いますが、

使われている写真が違っています。

同じ写真もあるのですが、違う写真のほうが多いような印象でした。

また、「くちびるスイング」は、
洋服姿が表紙で、表3(裏表紙の直前のページ)も同じ洋服姿です。

一方、本作「早春歌」に、
洋服姿は1カットもありません。

「くちびるスイング」の表紙をみていただくとわかると思うのですが、
洋服姿はあか抜けない印象が強いです。

しかし、和服姿ではとても魅力的に映りますから、
私は本作「早春歌」のほうが好きです。

いずれにしても、お姉さんは、
簡単には脱げないであろう和服を着ていますから、

撮影の順番としては、
和服姿単体→和服をはだけたカラミ→全裸でのカラミという流れだと思います。

さて、本作「早春歌」のくわしい内容ですが、

前半は和服姿でのカラミで、後半は全裸でのカラミです。

和服でのカラミ、
お姉さんは、下半身をさらしてマンコにチンポを挿入されています。

上半身の和服はまったく崩れておりません。

そんなに激しく感じているようには見えないのですが、
マンコにチンポを挿入されたときの表情がとても悩ましいので、

結合部分とお姉さんの顔を交互に凝視してしまいます。

全裸でのカラミで私の目を引いたのが、
立ちバックです。

両手と両脚をベッドに付けたお姉さんが、
自身の両脚の間から顔を覗かせています。

そして、その上のほうに結合部分。

たとえば、
お姉さんの両手が、ある程度の高さの机にあったなら、
いくぶん楽な態勢でしょうが、

両手と両脚をベッドにつけるためには、
身体をおり曲げないといけないのでかなり大変だろうと思います。

大変ななか、マンコにチンポも突き刺されています。

このような、
アクロバティックな体位は、裏本ならではというか、

魅せるセックスならではということで、
私はとても好きです。

ちなみにお姉さんのマンコですが、
肉ビラの肥大が平均的で、全体的に小ぶり。

和服の効果か、
お淑やかでおとなしめな感じがしました。

また、
陰毛が比較的薄いことにも好感を持ちました。

そして最後は中出しでしょうか、
開き気味のマンコに濃いザーメンが付着しています。

こんな癒し系のお姉さんに中出しすることができたら、
あまりに嬉し過ぎて、

お姉さんが和服をふたたび着るのを、
わからないなりに手伝いたい気持ちになります。


さてオレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ 晴着で装っての日本情緒本は御苦労サンではありますが、
どうにも無理して若作りしている印象が強いんでありますネ。
裾をはしょって、下半身丸出しとなって、オバサンは頑張っているのよッ!
と、いった健気な努力ぶりが目に付いてしまうんでありました。
 後半、着物を脱ぎ捨てて全裸となり、バッコンしている写真は、
隠しようにも隠しきれない熟女肉体なのである。
どうも年齢にばかりこだわっているようで恐縮ですが、
実はその事ばかりに気がいってしまった一冊なのでした。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“若いのかオバサンなのか身元不明・年齢不詳の不思議本なのだ。
アナクロですねッ61点”

たしかに、
当時のビニ本や裏本に出演のモデルはみな若いですから、

それにくらべればオバサンに見えなくもないです。

とはいえ、
それが和服の効果か、実年齢が多少高いためなのかはわかりません。

いずれにしても、
20代なかばくらいではないでしょうか。

それから、
お姉さんは、和服を脱いだあとも、

ずっと同じ髪型です。

それで気がついたことがあります。

お姉さんは洋服姿があか抜けていないのではなくて、
髪をおろしたヘアスタイルがあまり似合っていないということです。

髪をアップにしたほうが、
ずっと魅力的で似合っていると思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

若草物語_01

裏本「若草物語」1986年(昭和61年)08月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


すごく可愛らしい娘さんです。
コケティッシュな雰囲気もいい感じです。

同じ娘さん出演のビニ本を、以前に取り上げています。
以下です。

ビニ本「BE」(ファニー企画)
ビニ本「Good Vibration グッド・バイブレイション」(コンパル出版)

上記ふたつは単体ビニ本でしたので、
チンポは登場しません。

一方、
本作「若草物語」は裏本でカラミ内容。
期待が高まります。

さっそく内容をみていこうと思ったのですが、
今回ははじめにオレンジ通信をみていきます。

以下、紹介文の全文です。

“ うーんと、彼女は裏本とは別に、
ミス・クリスティーヌの初期の作品にも顔を出していたんですよね。
私は彼女のファンなのです。オメコの色なんか、
六本木で遊び過ぎて、すっかり日焼けしちゃってるけど、
恥毛は逆立っていたりなんかして、
さらにブチ込みたくなるタイプなんです。
鼻はやや上向きに開いたりなんかしてるけど、
おしゃぶりは真剣に真面目に取り組んでいるところが好感ボッ起なんですね。
愛くるしいスケベGALとして、この再生本は是非ともお推めなのだ。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“某ミスクリにも出演歴のある再生ギャルなのだ。
おしゃぶりがたまりません。  90点”

ミス・クリスティーヌというのはアダルトビデオのレーベル名で、
たしか、サムビデオというメーカーだったと記憶しています。

いちおう調べてみますと、
当時のメーカー名は芳友舎でした。

私は1990年代に、
ミス・クリスティーヌのアダルトビデオを数作品みたことがあるのですが、

ラインナップをみるに、
ルックス上位のモデルさんしかいなかったような記憶があります。

というわけで、
本作「若草物語」の中身ですが、

興奮度は高く、
オレンジ通信で高評価なのも納得です。

娘さんのビジュアルが良く、
スタイルも抜群なのはもちろんなのですが、

本気度が高いセックスがとても良いです。

正常位や騎乗位、背面騎乗位など、
いろいろな体位が展開されているのが見どころなのに加えて、

結合部分のドアップも効果的に登場しているのが興奮を誘います。

そんななか、
私が注目したのは、女性上位や騎乗位の結合部分のドアップカットです。

マンコ肉がチンポに貼り付いている様子と、
ケツの穴を同時に堪能できるところがすごく良いです。

加えて、
この娘さんの場合、チンポと接触しているマンコ肉が赤くなっています。

赤みがかったマンコ肉の外側は、
通常の肌の色ですから、

赤みがかったところは、
普段はマンコ内部に収納されている部分だろうと思います。

チンポのピストンによって、
引きずり出されたと妄想してすさまじく興奮しました。

注目点はまだあります。
とくに後半、膣口付近を中心に白濁マン汁が滲んでいることです。

チンポが抜かれたあとのマンコは、

肉ビラや尿道口や膣前庭などに、
白濁マン汁の滴が付着していますので、

膣口付近のマン汁が、
チンポピストンにより、チンポを介しマンコ全域に拡大したのだろうと、
ヒワイな妄想を加速させてくれました。

それから最終ページ(表3)、
ウエストあたりにザーメンが発射されているカットがありました。

チンポが抜かれた直後でしょう、
膣口がぽっかり開いていることと、

マンコとアナルの間が、
マン汁でびっしょりと濡れており、

挿入の激しさを物語っていると思い込み大興奮。
しばし見入ってしまいました。

また、
剃り切れてなかったか新たに生えてきたか、
ワキの下に、腋毛がポツポツと目立つのも最高だと思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

街角物語_01

裏本「街角物語」1985年(昭和60年)03月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


面倒見のいい年下の女の子みたいな雰囲気がして、
可愛らしい娘さんだと思いました。

前方から風が吹いたのでしょうか、
髪の毛の一部が後ろになびいているのもいい感じです。

表紙カット以上に、
裏表紙のカットは魅力的なので、記事のあとに掲載しています。

同じ娘さん出演の作品を以前に取り上げています。
以下です。

ビニ本「夢しずく」(宝出版)
ビニ本「トゥナイト」(ワタナベ企画)
ビニ本「メイデン MAIDEN」(美研企画)

「トゥナイト」や、
本作「街角物語」のような妹系で可愛らしい娘さんが、

なぜ「夢しずく」のような、
貫禄のあるルックスになったのか、

私はいまだにモヤモヤとしています。

逆の変化、
つまり、貫禄ありのルックス→妹系ルックスという流れはあり得ないことを思うと、
娘さんの変化は仕方がなかったのかもしれません。

それはさておき、
本作「街角物語」の内容ですが、

マンコを広げられているカットが多用されているのが目立ちます。

その一方で、
マンコに根元までチンポが挿入されているカットはなく、
亀頭までの挿入しかありませんでした。

マンコにチンポの先端が添えられているか、
または、亀頭部分だけが挿入されているかのどちらかです。

いずれにしても、
マンコにチンポが接触しているカットは少なく、
5カットだけでした。

印象としては、
ビニ本オリジナルのカラミでよく見られた疑似本番です。

吸着力のありそうなむっちり系の娘さんなので、
マンコへのチンポ挿入がないのは残念です。

ただし、
バイブの挿入はありました。

バイブ挿入のドアップカットだと、
マンコ肉がバイブに吸い付いているように見えますから、

チンポ挿入がないのは、なおのこと残念です。

フェラカットも、
娘さんは深く咥え込んではおらず、亀頭部分を少し舐める程度です。

そのため、
娘さんに身体を密着させながらマンコを広げるのが、
男優のメイン仕事になっています。

全体的な印象は、
男優がマンコ見せをサポートする単体ビニ本といったところです。

娘さんの単体マンコを堪能できるかどうかで、
本作の興奮度が変わってくると思います。

ちなみに私は、
それなりに楽しめました。

男優の手でかなり広げられているマンコや、
そんなに広げられていないマンコなど、

マンコは、状況によっていろいろな表情を見せます。

膣口が開いていて、内部の膣壁がすこし見えていて、
また尿道口も丸さらしのカットがあるかと思えば、

マンコ肉が閉じて内部の具が見えないカットもあり、

その変化を見くらべるのも興奮する時間でした。

さて、
オレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ 彼女は一体どれくらいの数のウラ本に出たのでありましょう。
最近では、オモテのアダルトV(勿論、本番アリ)にも顔を出し、
嘘かマコトか本職はワープロレディなのだそうです。
もっとも、ついこの間までは(裏)ビデオ屋さんの店員だったり、
ファッションヘルスGALであったりと、
歌舞伎町関係にヒンパンに出入りしていた流転娘ではありました。
下半身肥大気味さえ気にしなければ、まぁまぁ平均点の一冊であります。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“これまた再生本か。近頃、表本番V、かつては裏本最多出場GALの一作。50点”

“下半身肥大気味さえ気にしなければ、まぁまぁ平均点の一冊”とのことですが、

“下半身肥大気味”よりも、
チンポの挿入が未遂だったことについて書かれていないのが不自然です。

ボディプレスをみてみますと、

カッコだけで咥えていないフェラチオだから、
チンポがボッキしてないという趣旨のことが書かれていました。

あらためて本作「街角物語」をみますと、
たしかにチンポの元気がありません。

チンポの元気がないので、
マンコへのチンポ挿入がなかったのか、

それともチンポ挿入なしの取り決めになっていたのか、

はたまた、
チンポ挿入なしの取り決めだったため、
チンポの元気がなかったのか、

いろいろな可能性があると思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

街角物語_52

このページのトップヘ