おとなの妄想くらぶ

昭和から平成にかけての、
アンダーグラウンドメディアのお話を中心に綴っていきたいと思っています。
ときに、そこから逸脱することもあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

いじめて_01

ビニ本「いじめて」(総合)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


SMのビニ本です。

表紙では、色白むっちりのお姉さんが拘束されています。

表紙左下の円内の写真には、
マンコ周辺と浣腸器が写っていて、

表紙の中ごろには、
“繩・ローソク・バイブレーター・完腸の苦痛”というキャッチコピー。

プレイのハードさに期待が高まります。

以前に同じお姉さん出演の作品を取り上げています。
以下です。

ビニ本「みだれ神」(千代田企画)

いつも参考にさせてもらっています、
「さとり資料館」さんのサイトで確認してはじめて、

同じお姉さんということがわかりました。

ちなみに、「みだれ神」でも、本作「いじめて」でも、
お姉さんはパイパンマンコです。

陰毛の処理具合は、
本作「いじめて」のほうがきちんとなされているように見えます。

「みだれ神」だと剃り残しの陰毛があったのですが、
本作「いじめて」ではそんなに目立ちません。

また、
「みだれ神」は単体ビニ本だったので、
お姉さんの顔は正面からきちんと捉えられていましたが、

本作「いじめて」だと、目を閉じているカットばかりです。
縛られたうえに、責められているので仕方がないと思いつつも、

普段どんな顔をしているか、
知りたい読者も少なくないと思います。

苦悶顔とのギャップを見たいからです。

さて内容ですが、
じつは表紙でもうすでにマンコ丸さらし状態です。

厳密にいうとスミアミが入っていますが、
とても薄いため、

肉ビラがバイブの表面に貼り付いている様子もはっきりと確認できます。
(画像アップのさいにモザイクを入れています)

というわけで中身も、
表紙同様に露出度は高いです。

一方、プレイ内容はたいして多くなく、

緊縛されてのバイブ責めや、ロウソク責めだけです。
放尿シーンもありました。

表紙に登場していた浣腸カットですが、
中身だと本格的に取り組まれておらず、

表紙と同じようなカットがひとつあるだけでした。

また、ロウソク責めは、
お姉さんの下腹部に少しだけロウが垂らされているだけで、

そこまで激しい責めではありません。

ページ数の割合でいうと、緊縛でのバイブ責めカットが圧倒的に多いです。

次に多いのは、
文章が入ったモノクロページです。数えると16ページありました。

カラーページと同じような写真が入っているのですが、
メインは文章でして、

写真の外側に掲載されているページもあれば、
写真のなか、被写体のうえに乗っかるように文章が掲載されています。

文章の内容はお姉さんの告白手記です。

モノクロページがはじまる最初のページに、“SM告白PARTⅠ”。
途中に、“SM告白PARTⅡ”と書かれていました。

それなりに興奮を誘うエロい内容でしたが、
本作で展開されているプレイとの共通点は緊縛のみです。

写真だとマンコへのチンポ挿入はありませんが、
告白では、縛られてのセックスが綴られていました。

全体を通じてみますと、プレイは単調ですが、
マンコが見えていますし、

モデルのお姉さんの身体がむっちりでエロいため、
興奮度は高いと思いました。

ところで、

緊縛される女体は、スレンダーボディよりも、
本作のお姉さんのように、色白でむっちり系のほうがはるかに絵になります。

それに、本気で嫌がっている表情が加われば、
完成度はより高まると思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

多恋人_01

裏本「多恋人」1989年(平成元年)02月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

ポーズもパンツも表情も可愛い娘さんです。

表紙は、
ソファーをどう使おうとしているのかよくわからないポーズですが、
なんとなくサマになっています。

だからこそ、
表紙に使われたのだろうと思います。

それはさておき、
裏本タイトルの読み方は“たれんと”で、当て字です。

本作の発売当時、
私はタイトルの読み方がわかりませんでした。

しかし、
裏本のタイトルを口に出して発音する場合は、

日常生活ではほぼありませんから、
読めなくても不都合ありませんでした。

その後かなり時間が経って、
東京・新宿にある「多恋人」というソープランドの存在を知ります。

当時、私が働いていた会社の先輩が、
新宿「多恋人」で童貞を卒業したという話を、

また別の先輩に教えてもらったことがあったからです。

私は、
ソープで童貞を卒業した先輩に対して親近感を持ちました。

私も、
風俗で童貞を卒業した素人童貞組だったからです。

その後、

その先輩が
次のステップとして、
素人童貞を卒業したのかどうかは知りません。


そんな話はさておき、
本作の内容です。

出演の娘さんは顔は丸いですが、
体型はスレンダーで、目を引く色白美肌です。

顔の印象から身長は高くないと思ったのですが、
全身写真から想像するに、むしろ高いほうではないかと思いました。

バストは小さいですがスタイルは良いです。

プレイ的には、
単体ポーズからフェラを経て本番というオーソドックスな流れです。

単体ポーズに付随して、
男優にマンコを広げられている超ドアップカットがありました。

マンコは小ぶりでピンク色ですし、
肉ビラの肥大はまったくなく、

可愛らしいルックスから想像したとおりのマンコだったので、
大興奮すると同時にテンションがあがります。

ただし、陰毛は濃くて、
恥丘部分に黒々と茂っているのに加えて、

マンコ亀裂左右とアナルにもチロチロと生えています。

陰毛の濃さは、想像を裏切られましたが、

これだけキレイなマンコだと、
剛毛とのギャップに注目するのも楽しみかたのひとつだと思いなおしました。

ところで、
本作は私の手元のオレンジ通信には掲載がなく、

東京三世社発行の「MEDIA JACK vol.1」に掲載がありました。

「MEDIA JACK vol.1」は、
オレンジ通信に掲載されていた裏本や裏ビデオの紹介ページを、
一定期間にわたりまとめたものです。

以下、その紹介文の全文です。

“ あどけない笑顔で無邪気にポーズとる彼女は、
88年5月号にて登場の『ニューフェイス』の女のコ。
もともと肌が白いのか、それとも撮り方によるのか、
なんとなく淡白な印象を受けるボディです。そのかわり、オマ〇コは可愛いピンク色。
小陰唇の黒ずみもなく、お尻の穴も美味しそう。
一見幼い体型ながら、挿入反応は仲々上々。
足を開いてぐっと肉棒を引き抜き押し込みされていると、
じわじわと白いジュースをにじませて、アナルの周りにもしたたらせる。
目を細めて呆然とカメラに目線を送る表情が生々しい。
オシメをされる赤ん坊のようにM字開脚で股開かれての肉棒挿入が多用され、
ロリコン趣味をそそってくれる。
相手のチン棒も張りつめボッキしているわりには、
ザーメン発射は水っぽく、お腹に少量かかっているだけなのが残念です。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“幼い顔して肉棒に愛液からめる淡白ボディ”

また、以下の評価も掲載されていました。

“印刷 Aの下”
“評価 80点”

本作が発売された平成元年は、
裏本全体の発行点数が全盛期にくらべて減っているということもあり、

一冊が占めるページの割合が大きく、
そのため、紹介文の分量も多いです。

マンコとアナルのキレイさは、
万人が認めるところだろうと思うのですが、

マンコを指で広げられた複数のカットで、
膣口とアナルが少し開き気味なのも見逃せません。

また、
チンポにマン汁らしき白い液体が付着しているカットもあり、
見どころがたくさんあります。

排尿シーンも大きな見どころのひとつです。

洋式トイレの便座に、娘さんが両足を置いてしゃがみ、
恥ずかしそうな表情を見せながらの排泄です。

放物線がやや左に傾いているのは、
濃い陰毛が原因で、おしっこの軌跡が曲げられてしまったのでしょうか。

残念なのは、
トイレが白っぽい色なので、

おしっこの色があまり目立たないことです。

本作は全体的に写真の色が白っぽいのですが、
排尿シーンはとくに白っぽいので、

読者としては、
おしっこを目立たせる工夫をして欲しかったと思いました。

とはいえ、
おしっこは無色透明に見えます。

キレイなマンコから出るおしっこは、
思っていたとおり清らかで小川のせせらぎのよう。

私をふくめた童貞青少年たちは、
そんなことを思いながら、女性に対する幻想をより強固にしたのかもしれません。

ただし、
当時から35年以上が経ち、アラ還間近でジジイになったいまの私は、

キレイなマンコなのに、
出るおしっこは濁っていて臭いもキツそうという事態に直面しても、

平常心でいられます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

禁断の領域_01

ビニ本「禁断の領域」(ライムライト)1985年(昭和60年)12月発行

-----------------------------------------------------------------------------------------------


SMのビニ本です。

表紙タイトルのすぐ下にサブタイトル的なものがあります。

“女と女の禁男の世界をかいま見た!”

最初は、
意味がよくわからなかったのですが、

中身をみて理解しました。

本作は男は登場せず、女ふたりのSMプレイが展開しています。

つまり、
“禁男の世界”はレズの世界ということでした。

レズのSMはかなりめずらしいと思います。

中身をみていきますと、
表紙で緊縛されているお姉さんがメインの内容になっています。

責めるほうはプレイに集中しているという設定でしょうか、
被写体として扱われていない感じが強く、

前半はほとんど写り込んでいません。

一方、緊縛されたメインのお姉さんは、
最初から最後までずっと縛られた状態でした。

後半は、
サブのモデルさんも全裸になり、

メインの緊縛お姉さんにキスしたり、
乳首を舐めたりしていますが、本気度を感じられず迫力がありません。

というのも、
おこなわれているSMプレイは緊縛のみだからです。

イチジク浣腸やバイブなど、
SMっぽいアイテムが写っていますが、使用されてはいませんでした。

それから、
股間にはスミベタが入っていて、

マンコはおろか陰毛も見えていません。

露出度は低く、
プレイもハードではないため、興奮を誘う内容ではありませんでした。

というわけでオレンジ通信でも低評価です。
以下、紹介文の全文です。

“ レズもののSMというのは珍しいのでありますが、
その分本気の出ていないイジメに終始してしまったのではありませんか?”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“オバサンMを女の子Sが責める?点”

20代後半でもうオバサン扱いされていた、
当時のビニ本モデルの基準でいいますと、私にはふたりとも“オバサン”に見えました。

責めるほうが若干若く見えなくもないため、
オバサンMを女の子Sが責める”という記述になったと思われます。

出演のふたりは、
間違いなく本物のレズではないでしょうから、

レズSMというマイナーなことはせずに、
3Pにすればもっとエロかったのにと思い残念です。

ルックスが飛びぬけて良いわけではないですが、

せっかくモデルふたりも使っているのに、もったいないです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ