おとなの妄想くらぶ

昭和から平成にかけての、
アンダーグラウンドメディアのお話を中心に綴っていきたいと思っています。
ときに、そこから逸脱することもあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

君のタイプわ!_01

ビニ本「君のタイプわ!」(千代田企画)1984年(昭和59年)12月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本です。

スケパン越しにマンコが見えているばかりか、
マンコ周囲を取り囲み、さらにはケツの穴にまでのびている陰毛がおそろしくヒワイです。

また肉ビラの存在感も大きく、
ぷるぷると動きだしそうな気配も感じました。
(画像アップのときにモザイクを入れています)

よく見ると、
陰毛はスケパンからもハミ出しています。

加えて、タイトル文字「君の」の右側、
未処理のスネ毛も好きなマニアはいるかもしれません。

今回は記事の最後に裏表紙を掲載しています。

表紙のお姉さんと、
裏表紙のお姉さんはおそらく別人です。

モデルさんふたりが登場するオムニバス形式の作品だろうかと思いつつ、
中身をみていきました。

ところで、
裏表紙のお姉さんの陰毛も、本数は多くないものの、

四方八方に広がっていてかなりの荒々しさです。

さて、本作の中身ですが、

表2(表紙の裏側)には、
裏表紙に登場していた黒スケパンのお姉さんの写真が載っていますが、

3ページ目以降は、
表紙とも裏表紙とも違うお姉さんが登場しています。

本作前半部分は、このお姉さんの出演です。

このお姉さんは中身にしか登場していません。

わかりやすいように、
このお姉さんの写真を裏表紙のあとに掲載しました。

そして本作後半部に登場しているのは、
裏表紙のお姉さんです。

表紙のお姉さんは表紙の登場のみかと思ったら、
表3(裏表紙の直前のページ)にも登場していました。

表紙と同じスケパンと同じ服装で、
今度は自身でマンコを広げています。膣内から何やら白いものが見えていますが、

タンポンのヒモのように見えます。

中身をもう少しくわしくみていきますと、
前半部分、後半部分とも、

マンコ見せ開脚ポーズがメインです。

前半部分は網タイツ直ばきもあり、

また後半部分は、
スケパンの代わりに無色透明のビニールみたいなものマンコ隠しに使われていました。

前半、後半どちらも、
マンコと陰毛はそれなりに見えています。

四つん這いポーズもありましたが、
スケパンの生地とアナルとの距離があまり近くなく、

アナルはあまり透けて見えていません。

前半部分の網タイツ直ばき然りで、
太ももの曲線が強調された光景はエロいのですが、

綴られている網の糸がそれなりに太くて、
アナルはもちろんマンコの透け具合はスケパンに劣ります。

ところで、
後半部分がはじまる最初のページに、

“●aya●”という文字が大きく入っていました。

また途中には、“AYA IN CHOFU CITY.”の文字も入っています。

それらから、
後半および裏表紙のモデルさんは“aya”という名前で、

“東京都調布市在住”と、私は勝手に判断しました。

さて、オレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ 古紙再生合本の一冊。
もうほとんど手抜きとしか云いようのないズサンな編集態度なのだ。
スケ度はそれなりとは申しても、やっぱ紙の無駄使い。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“表紙の可愛いGALは本文とは一切関係ありません。40点”

後半部分の最初のページ、
“●aya●”という文字が大きく印刷されていたページですが、

ページ右端に写真があったのに、
途中で切れており、

もともと見開きページで成立していたデザインを、
むりやり左半分のみのページにしたことがうかがえます。

また、
80年代半ばに発売された単体ビニ本にしては、

ベール使用もなく露出度も中途半端なので、
再生本ではないかと思いましたが、はやり再生本のようでした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

君のタイプわ!_52

君のタイプわ!_00

ざ・さっくらぶ_01

ビニ本「ざ・さっくらぶ」(ミドリ書房)1984年(昭和59年)12月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


今回は記事の最後に裏表紙も掲載しています。

表紙と裏表紙に使用されているカットから想像できますが、
チンポしゃぶりに特化した内容のビニ本です。

出演するモデルさんは総勢6名。
オムニバス形式の内容になっています。

表紙と裏表紙に写真だけでなく、
モデル名も明記されていましたので、それらを以下に列挙しました。

広瀬由香
中田貴子
松本深雪

大塚ケイコ
立野浩子
小菅真由美

なかには、
顔がはっきり写っていないモデルさんもいます。

いつも参考にさせてもらっています「さとり資料館」さんのサイトで確認しましたところ、

6名のうちふたり、
別の作品を以前に取り上げていることがわかりました。以下です。

中田貴子もしくは松本深雪?
ビニ本「本番娘」(ミドリ書房)

立野浩子
ビニ本「桃色吐息」(KENBUNSHA)

“中田貴子もしくは松本深雪?”とあいまいなことを書きましたが、

「さとり資料館」さんのサイトと本作の表紙裏表紙を凝視すること数分、

どちらかわかりませんでしたし、
実のところ、中田貴子と松本深雪のどちらでもないような気がしています。

さらにいいますと、
表紙と裏表紙に登場するモデルさん以外の写真も、

中身に登場していまして、
それが洋モノのおしゃぶり写真です。

印刷状態の悪さからみて、
洋モノ写真に関しては、複写に間違いなさそうです。

つまり、

中身は和洋ふくめ、いろいろなフェラカットがごった煮の状況なので、
モデル名については記号程度というように納得し、

深く追求することはやめました。

ところで、
オレンジ通信をみていこうと思います。

以下、紹介文の全文です。

“ 本気になってしゃぶりまくっているという、
つまり〝夢中サッキング〟はありませんが、
それでもこれだけたくさんのおしゃぶり娘を集合させた健闘ぶりは讃えるべきでありましょう。
 古紙といえども再利用の方法はあるのです。
アタマとチンポは使いようなのだ。うーん、ちょっとホメ過ぎたかなぁ。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“旧作寄せ集めの一冊だが、
いずれもチンチンおしゃぶりの写真のみ集めたという点がユニークだ。
スケ度も良し 76点”

“旧作の寄せ集め”なので、
消しもさまざまです。スミアミが入っているチンポもあれば、

スミではなくて青や赤のインクが入っているのでしょう、
青いチンポや赤いチンポも登場します。

また、
マンコへのバイブ挿入カットや、
マンぐり返しでマンコを広げられているカットもありました。

マンコに入っているスミアミもそこそこ薄くて、
マンコ内部の肉が透けて見えています。

ところで、
オレンジ通信の紹介文で出てきた“サッキング”ですが、

あまりなじみがない単語だと思います。
私は知りませんでした。

今回あらためてネットで調べてみますと、
「しゃぶる、フェラチオする」という意味だとわかりました。

つまり、本作タイトルは、
“おしゃぶり愛”とでもいうところでしょうか。

それはともかく、
“サッキング”は、けっこうおしゃれな言いまわしだと思うのですが、
あまり普及していないことを考えると、

“フェラチオ”のほうがヒワイな語感だったからでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

ざ・さっくらぶ_52

NANCY_01

ビニ本「NANCY」(版元不明)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


金髪美女のカラミ作品です。

新刊時には専門店やアダルトショップなどで売られていたと思いまして、
ビニ本のカテゴリーで取り上げました。

私の場合、古本ですから、
新刊時の状況はわからないものの、

ビニ本だろうと思う根拠はいくつかあります。
まず、マンコやチンポや結合部分にスミアミが入っていること。

続いて、
一般的なビニ本や裏本と同じく、

ページを左から右に開いていく仕様であること。
つまり、右側が綴じられていて背表紙になっていることです。

それから、
撮影された場所が日本国内のホテルっぽいことと、

男優が日本人のように見えることなどです。

私は最初、
日本国内のビニ本版元が洋モノの写真を買ってきて、
日本国内向けに販売した作品だと思いました。

しかし、

日本国内の制作者が、
外国人のモデルさんを日本国内で撮影して、ビニ本版元が発行した、

という大ざっぱな推測もできます。

それから、
最初に金髪美女と書きましたが、

正確にいうと金髪ではないと思います。

ところどころ濃い茶色にも見える部分があるからです。

ただ、
金髪のくわしい種類について知らない私は、
以下、金髪またパツキンで話をすすめさせてもらいます。

さて、本作の内容ですが、
マンコへのバイブ挿入カットはいくつもありますが、

チンポ挿入カットはひとつもありません。
つまりセックスシーンはありません。

意外でもあり、とても残念でした。

おそらくビニ本タイトルがモデルさんの名前を表わしていると思うのですが、
NANCYちゃんはとてもキュートで私好みだったからなおさらです。

マンコへのチンポ挿入が無いということで、
洋モノ作品ではなく、日本国内で撮影されたものだという思いがますます強くなりました。

マンコへのチンポ挿入はありませんが、
フェラカットやオナニーカット、

開脚ポーズでのマンコ見せカットはあります。

というわけで、
全体的にハードな内容ではありません。

とすれば、
読者はNANCYちゃん自身を満喫できるかどうかということになるわけですが、

私はおおむね満足です。

とくにお気に入りなのが、
NANCYちゃんがチンポを咥えている横顔です。

いわゆるピンサロフェラというのでしょうか、
勃起して
上を向いたチンポに、NANCYちゃんが口をかぶせてる状態のカットです。


高い鼻と頬に垂れた金髪がとても印象的で、
顔の造形ふくめ、私の下半身を刺激しました。

また、
野放図に広がった栗色の陰毛もNANCYちゃんの重要な魅力だと思いました。

たとえば、表紙カットでもわかりますが、
水着跡ギリギリのラインまで、陰毛が迫っています。

ビキニ着用状態だと、
上部からはもちろん、いわゆるVゾーンからも、

陰毛の先端が顔を出してしまいそうなのですが、

陰毛を処理せず放置しているところにも好感を持ちました。

また、ケツのボリュームもすごく良いです。
天然のバネが何重にも入っているみたいに見えて、

たとえば正常位でピストンすると、
激しいバウンドが返ってきそうで、ヒワイな妄想がふくらみます。

ところで、
ケツのボリュームや顔にニキビが少しあることなどから、

NANCYちゃんの実年齢はかなり若いと思います。

ただ、昔の本なので、
ヘアスタイルは古臭いです。

同じヘアスタイルを黒髪日本人がすれば、
聖子ちゃんカットに見えると思いますが、

NANCYちゃんは金髪なので、
どうしても、初代チャーリーズエンジェルに見えてしまいます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ