おとなの妄想くらぶ

昭和から平成にかけての、
アンダーグラウンドメディアのお話を中心に綴っていきたいと思っています。
ときに、そこから逸脱することもあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

FAIRY フェアリ_01

ビニ本「FAIRY フェアリ」(千曲出版)1984年(昭和59年)12月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本です。
ビニ本界隈ではお馴染みのお姉さんでモデル名は“川島恵美子”。

これまでに以下の作品を取り上げています。

裏本「なんてったってアイドル」
ビニ本「恋人達のラブジュース」(八起書房)
ビニ本「ムーングロウ」(ザ・ボイス)
ビニ本「ノンオイル」セブン企画
裏本「熱風」
ビニ本「SWING 〈スウィング〉」(優美堂)
ビニ本「Dream in 麗子 ドリーム・イン・レイコ」(武蔵出版)
ビニ本「VALENTINE バレンタイン」(プリズム出版)
ビニ本「AXIS アクシス」
裏本「恋模様」
ビニ本「18歳私は好き!」(紅花企画)

上記のうち、単体作品は、

「SWING 〈スウィング〉」
「Dream in 麗子 ドリーム・イン・レイコ」
「VALENTINE バレンタイン」
の3作品です。

本作「
FAIRY フェアリ」は、
「VALENTINE バレンタイン」とまったく同じ内容でした。


表紙と裏表紙が違っているのと、
「VALENTINE バレンタイン」にスミベタが入っているところが違います。

同じ内容の本作「FAIRY フェアリ」は、
スミベタがまったく入っておらずマンコ丸さらしです。

単体ビニ本仕様ということで、
スケパンやベールが使われていますがとても薄く、

また網ベールは目が大きいため、

ストレスなくマンコを堪能できます。

彼女自身の指で、
マンコを広げて内部をさらしているドアップカットも複数あり、

とても興奮を誘います。

マンコドアップカットでは、
内部がすこし湿っている様子が克明にさらされていたり、

また、
膣口がぱっくりと広がり、

やや奥のほうまで膣壁があらわになっていたりと、
凝視をしてしまうカットも目立ちます。

単体ビニ本のホームラン王・優美堂発行の「SWING 〈スウィング〉」も、
消しはいっさい入ってなく、

マンコ丸さらしですが、

全体的な露出度は、
本作「FAIRY フェアリ」に軍配があがると思います。

ただし、
「SWING 〈スウィング〉」のほうが笑顔が多く、
表情は良いです。

一方、本作「FAIRY フェアリ」は無表情に見えるカットが多く、
川島恵美子嬢が、やや身構えている印象を受けました。

さてオレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ 性格的には素直なお嬢さんですが、
フーゾクのお仕事をやり過ぎたのでしょうか、
どうも新鮮さには欠けるようです。
裏V『それはキッスで始まった』にも騙されて(…多分ね)出演しており、
まだしもあの駄作裏Vのほうが数段勝っていたのではないが、
と先生は考えるのでした。
結論としては、「単発は美形に限る!」という事です。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“それはキッスで始まってしまった裏Vギャルの単発本。
いかにもフーゾクしすぎてしまったおまん♡ですね。  57点”

当時は、あまり気にならなかったのですが、
というか、気にしたかどうか覚えていないのですが、

川島恵美子嬢のルックスに関して、
オレンジ通信はいつも厳しめな評価です。

たしかに顔は好みが別れるルックスなのかもしれませんが、
手足が長くてスタイルが良いし、

また美乳で陰毛薄めなところも私は好きです。

加えて、
肉ビラの肥大がほぼなく小ぶりのマンコや、

存在感薄めでホクロがアクセントになっているアナルも、
時間をかけた鑑賞に耐えうる良いアイテムだと思っています。

そのため、
フーゾクしすぎてしまったおまん♡”という感想は持ちませんでした。


-----------------------------------------------------------------------------------------------

愛液狂_01

裏本「愛液狂」1986年(昭和61年)04月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


表紙に写真がいっさいなく、
おどろおどろしい文字だけの裏本です。

裏表紙に出演モデルのお姉さんの写真がありましたので、
記事のあとに裏表紙を載せました。

裏表紙の写真はひとりのお姉さんしか登場していないのですが、
中身はもうひとりのモデルさんが登場しています。

モデルふたりの出演ということで、
レズや乱交を想像しましたが、

内容は、1対1のカラミがメインで、
複数プレイを匂わせるカットがすこしあるというところでした。

具体的には、
男優がふたり映っているカットがあったものの、

複数人がフレームにおさまるカットはほぼなく、
モデルひとり、男優ひとりの一般的なカラミ内容と大差ありませんでした。

ところでもうひとりのモデルですが、
以前に取り上げたビニ本があります。以下です。

ビニ本「宵待草 よいまちぐさ」(寿山企画)
ビニ本「水仙花」(パンドーラ)

「宵待草 よいまちぐさ」は、
本作「愛液狂」の裏表紙のお姉さんとの共演作です。

そのため、
「宵待草 よいまちぐさ」と本作「愛液狂」は、

同じ内容の作品ではないかと思ったのですが、
使われているカットが大きく違っていました。

「宵待草 よいまちぐさ」は、
モデルさんふたりが写り込んでいるカットが比較的多く、

レズと乱交要素を感じる一方、
本作「愛液狂」は、前述のように1対1のカラミが中心です。

さて、
本作「愛液狂」のくわしい内容ですが、

裏表紙に登場のショートカットのお姉さんのカラミカットが目立ちます。

このお姉さんは、
けっこうな美形で、相楽ハル子にすこし似ているように思いました。

私は当時、
こういうキリっとした顔の女の子が好みでしたが、

それはさておき、
もうひとりの娘さんは、ほんわか系の女の子です。

キリっとシャープな感じとほんわか系。
組み合わせとしてはとても良いと思いました。

いずれにしても、
ふたりとも美乳で美味しそうな身体をしています。

とくに相楽ハル子似のお姉さんは、
スタイルも良いです。

ところが、
せっかくの逸材なのに、カラミ場面に迫力があまりありません。

マンコにチンポが奥まで入り込んでいるカットがほぼ無いことと、
結合部分のアップでキンタマが目立つカットが少なくないこと、

また、
マンコがほぼ濡れていないことなどが、

迫力がないと思った理由です。

アングル的に結合部分が見えないカットも複数ありまして、
修整無しの裏本なのに不満がたまります。

さてオレンジ通信ですが、
以下、紹介文の全文です。

“ 題名の如き、愛液ジュクジュク場面はありません。
それはまあ、ヨシとしても、この再生の仕方は実に最悪なのだ。
ただ、めったやたらに本番シーンを羅列して、
それも女の表情やカラダのみえない正常位ファックが多いのであります。
 もう、ほとんどシロウトのレイアウトセンス。
しかも、売ること、見せることを何も考えていないポジの組み方と申せましょう。
 もちろん、コレは再生本なのですが、
ズサンな手抜き本にはこまったもんです。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“最初はGALが二人。けれど本番は御一人のみの一冊だ。
構成が最悪ですヨ30点”

美味しそうなボディの女の子をふたりも使っているのに、

カメラワークやレイアウトなど、
制作側の問題で低評価とは、もったいないことです。

それから、
あらためてみると、裏表紙の外撮りカットも気になります。

竹林はまだいいとして、
神社らしき門の階段に立つお姉さんの手に、

似つかわしくない小型のアタッシュケース。

けっこう使い古されているようにも見えるうえに、
中身がまったく想像できません。

手に何か持ってないと絵にならないということで、

そのあたりにあった、
カメラマンかメイクさんの持ち物を使ったのでしょうか。

それとも撮影のために用意したケースでしょうか。

いずれにしても、
若いお姉さんに合うアイテムではないと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

愛液狂_52

さやか_01

ビニ本「さやか」(アイ書房)1986年(昭和61年)10月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


ビニ本裏本界隈では有名な娘さん。
アダルトビデオへの出演もあります。

以前に、
同じ娘さん出演の作品を取り上げています。以下です。

裏本「なんたってアイドル」
裏本「シェイプアップ」
裏本「女優シリーズ 早瀬沙樹」
ビニ本「令嬢 斉藤さやか」(堀山企画)

ちなみに、
よく知られているモデル名は“早瀬沙樹”です。

ある作品では“斉藤さやか”、
またある作品では“早瀬沙樹”となっているため、

読者は混乱してしまいます。

にもかかわらずなぜモデル名が複数あるのか、すこし説明しますと、

彼女だけでなく、

ほとんどのモデルさんは、
ビニ本や裏本の最初の出演時には、モデル名は付けられていません。

たとえば、裏本が人気になり、
再生裏本や、オモテ再生のビニ本が多く発売されるようになると、

オレンジ通信やアップル通信などズリネタ情報誌の、
編集者やライターがモデル名を付けて呼ぶようになる場合が多くなります。

さらに有名になり、
当時新メディアだったアダルトビデオにも出演すると、

そのとき、
今度はアダルトビデオのメーカーによって、また別の名前が付けられます。

本作「さやか」の彼女の場合、
ビニ本裏本で人気が出たときに付けられたのが“斉藤さやか”で、

そのあとアダルトビデオ出演時に付けられたのが、
“早瀬沙樹”です。

そのあとが興味深いのですが、
アダルトビデオのモデル名“早瀬沙樹”は、

以前に使われていたモデル名の“斉藤さやか”を駆逐し、
以後、発売される再生本はアダルトビデオのモデル名である“早瀬沙樹”になります。

アダルトビデオがそれだけ、
エロユーザーへの浸透力が強かったということです。

もちろん例外もあります。

たとえば、
裏本「半分少女」の娘さんは、
アダルトビデオ出演時に、“青木さやか”というモデル名が付けられました。

しかし、
モデル名“青木さやか”はあまり流通せず、
ファンの間ではやはり“半分少女”です。

また、
“田口ゆかり”や一部のヌードモデルのように、

ビニ本や裏本出演時にはすでにモデル名があり、
以後もずっとそのモデル名で活動するケースも少なからずあります。

加えて、

本作「さやか」は、
彼女がアダルトビデオに出演後に発売されたビニ本なのですが、

“早瀬沙樹”ではなくて“斉藤さやか”の「さやか」となっています。

さて、
モデル名の話はこのくらいにして、

本作「さやか」の内容です。

ところで、本作「さやか」の娘さんの場合、
カラミ作品は、髪が長いバージョンと、髪が短いバージョンのふたつに分けられるのですが、

本作「さやか」は髪が短いバージョンです。

以前に取り上げた作品であてはめますと、

「なんたってアイドル」「シェイプアップ」「女優シリーズ 早瀬沙樹」は、
髪が短いバージョンで、

「令嬢 斉藤さやか」は髪が長いバージョンです。

いつも参考にさせてもらっています、
「さとり資料館」さんのサイトでをみてみますと、

“裏本は「SHUTTER」と「蒼い時間」のたった2冊だけ。”という記述がありました。

「SHUTTER」は髪短いバージョンで、
「蒼い時間」は髪長いバージョンです。

というわけで、
本作「さやか」の内容については、

髪短いバージョンの作品を取り上げたときに、
いろいろと書いたと思いますので、

重複してしまうかもしれませんが、

気になったことを中心に書いていきたいと思います。

本作「さやか」は、
消しが薄いです。裏本とあまり変わりません。

薄いスミアミがチンポとキンタマに入っているのと、
マンコ内部に入っている以外は丸さらしです。

マンコ内部の一部にしかスミアミが入っていないカットもありましたし、
チンポ丸出しのカットもありました。

ちなみに表紙カットも同じく、
ほぼ丸さらし状態だったのでしょう。

スミアミのうえから、
マジックで塗ったような修整がなされています。

おそらく販売店が塗ったのではないかと思います。
(画像アップのさいにモザイクを入れています。)

さて、オレンジ通信ですが、
以下、紹介文の全文です。モデル名に関する記述もありました。

“ 確か柏木さやかから始まって、
アレコレといったいいくつ名前を変えたんでしょうか、このコは。
今度は斉藤さやかさんになったのかな。
この前まで早瀬沙樹ちゃんと称してアダルトビデオでお馴染みでしたが、
近頃では金曜日の「11PM」にちょくちょく出演して、
活躍なさっている様子。本作の元本は、彼女の二冊目のウラ本『シャッター』。
構成はかなり組み変えられて、消しも薄め。
初々しさ漂う彼女のオマ〇コ丸見えなんですネ。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“先月の『蒼い時間』の表再生本二冊同時発売に続き、
今月は『シャッター』の微妙に構成の違う二冊同時発売。人気者やネ。85点”

本作「さやか」が紹介されている左側に、

「OMANKO GAME」という、
「シャッター」のオモテ再生ビニ本が紹介されているため、

“今月は『シャッター』の微妙に構成の違う二冊同時発売。”という記述が見られます。

また、

“初々しさ漂う彼女のオマ〇コ”と書かれていますが、
マンコだけでなく全体的に初々しいのが彼女のいちばんの魅力だと思います。

マンコにチンポを挿入されたときの表情や、
チンポを咥えるときの表情、

さらには、
胸にザーメンを発射されたときの表情もふくめて、

初々しくてお淑やかな雰囲気が漂っていて、
すさまじく興奮させられます。

本作「さやか」のなかではあまり使われていませんでしたが、
単体ポーズのときの笑顔も、

天真爛漫で愛嬌があって惹き込まれました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ