おとなの妄想くらぶ

昭和から平成にかけての、
アンダーグラウンドメディアのお話を中心に綴っていきたいと思っています。
ときに、そこから逸脱することもあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

FUNZI_01

裏本「FUNZI」1985年(昭和60年)07月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

スケベそうに見えるお姉さん。
水商売テイストも感じさせます。

また、
眼差しがとても優しそうに見えるので、

もしも水商売のお姉さんなら、
癒されたいときはお店に通ってしまいそうです。

私はお酒を飲まないので、
ノンアルコール飲料かウーロン茶ですが。

そんなことはさておき、
このお姉さんの作品を取り上げるのははじめてだと思います。

さて、本作の内容です。

最初に数ページ、
お姉さんは黒のスリップ姿で登場します。

マンコ見せポーズのあと、
チンポをしゃぶり、そのあとでマンコへのチンポ挿入という展開です。

正常位やバックをはじめ、
背面騎乗位、騎乗位といろいろな体位でハメられていて、

結合部分のアップもたくさんあり、
見ごたえ充分な内容だと思いました。

お姉さんは美乳でスタイルがとても良いので、

全身が写り込んでいる、
いわゆる「引き」のカメラアングルのカラミシーンが映えます。

さらに、
アヘ顔も見どころのひとつで、

本気で感じている様子が伝わってきました。

また、
マン汁が糸を引いている結合部ドアップカットを見つけ、

本気で感じているという妄想が、
確信に変わりました。嬉しい瞬間です。

というわけでオレンジ通信です。
以下、紹介文の全文です。

“ 顔立ちは好きずきだと思いますけど、
なんといってもこの本気いっぱいの熱中ファックは素晴らしいのだ。
もう、ついつい気が入ってしまったなまめかしい表情を見てください。
頬もホンノリと赫味がさしていて、
フェラチオ場面もお口一杯に頬ばった千摺必見のピカイチ写真なのです。
 おまん♡もまあまあ、ちぢれカールがかったアンダーヘアも絶景の色っぽさなのでありました。
買うべし!”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“本気いっぱいのFUCK写真。紅潮した頬が大変悩ましい優良本ですぞ。 89点”

たしかに、
“本気いっぱいのFUCK”だと思いますが、

私が思っていた以上に高評価なので驚きました。

ライターのかたの好みだったのでしょうか。

さて、
いつも参考にさせてもらっています「さとり資料館」さんのサイトで確認したところ、

お姉さんのモデル名が“Mary Lou”となっています。

お姉さんは日本人じゃなくて東南アジア系なのだろうかと思いました。
たしかにエキゾチックな雰囲気が多少あります。

あらためて本作をみますと、
とくに前半、何ページにもわたり、

英語のまとまった文章が掲載されています。

なんで裏本に英語の文章が、
何ページにもわたり書かれているのだろうかと違和感がありましたが、

じっくり眺めていると、

そのなかで、
“Mary Lou's realizing that a change has come over me,~”という一節を見つけました。

モデル名の“Mary Lou”は、おそらくその英文が根拠です。

また、
“FUNZI”というタイトルも意味不明だと思って、

表紙を再度見ていると、
表紙の右上、“$50”なる文字を見つけました。

50ドルということでしょうか。

そもそも当時の為替レートはどうだったのかと思い、
すこし調べました。

すると、
私が見た証券会社のサイトでは、
「1985年末には1ドル=200円を切るまでの円高が進み~」という記載があります。

ちなみに現在の為替レートを調べてみますと、
1ドルが150円~160円くらいです。

経済に疎い私ですが、
いま円安で騒がれていてることは知っています。

しかし、
“1ドル=200円を切るまでの円高”だった1985年当時よりも、

円安で騒がれているいまのほうが円高だと驚くと同時に、

当時の為替レートだと、50ドルは約1万円となり、
当時の一般的な裏本価格の2倍です。

1985年当時、
本作がアダルトショップでいくらで売られていたのかわかりませんが、

もしも通常の2倍の価格なら、
読者予備軍たちは、オレンジ通信に“
買うべし!”と背中を押されても、

かなり迷ったのではないでしょうか。

また、
そもそも裏本になぜドル価格の記載があったのかは不明です。


-----------------------------------------------------------------------------------------------

エレガンスラブ_01

裏本「エレガンスラブ」1986年(昭和61年)08月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

同じ娘さん出演の裏本を以前に取り上げています。
以下です。

裏本「愉快指数100%」
ビニ本「ジュネ JEUNE」(ロレーヌ出版社)
ビニ本「Hips' ヒップス」(コンパル出版)

本作「エレガンスラブ」は、
「ジュネ JEUNE」とまったく同じ内容です。

「愉快指数100%」を取り上げたときに、
「ジュネ JEUNE」の元本ということを書きました。

しかし、
「愉快指数100%」と「ジュネ JEUNE」は、
写真の順番がけっこう違っています。

一方、
本作「エレガンスラブ」と「ジュネ JEUNE」は、

写真の順番をふくめ中身はまったく同じです。

そのため、
「愉快指数100%」よりも、本作「エレガンスラブ」のほうが、
純粋な元本といえると思います。

ただ、
違っているところもありまして、

「ジュネ JEUNE」は、
表2(表紙の裏側のページ)と表3(裏表紙の直前のページ)が白紙ですが、

本作「エレガンスラブ」だと写真が入っています。

さて、
本作「エレガンスラブ」の内容ですが、

「愉快指数100%」や「ジュネ JEUNE」で書いたことと重複するかもしれませんが、
今回あらためて気になったことを中心に書いていきたいと思います。

まず、
出演の娘さんのルックスがかなり良いことです。

表紙の受話器を持つカット、
濡れてぷるぷるしている唇にキレイな鼻筋。

あたためて美人さんだと思い、
中身の展開に期待が高まります。

ヘアスタイルのせいもあって、
全盛期の沢口靖子に似ている気がしたのですが、

ほめ過ぎではないと思います。

2ページ目、
立ちポーズでカメラに尻を向けて、

マンコを見せているカットがあります。

亀裂表面に、
マン汁らしき白い汁が付着していて大興奮しました。

全体を通じて、
表情の変化があまりない娘さんなのですが、

マンコはビンカンに感じているということで、
乏しい表情は緊張が原因だったと想像しました。

また、
中ごろにある、結合部分超ドアップも刺激的です。

今度はマンコではなく、
ケツの穴周辺に白く小さな固形物が付着。

マン汁が凝固したものだと勝手に妄想したのですが、
だとしてもなぜ肛門に貼り付いているのかなぞです。

とはいえ、
娘さん本人にもわからないだろうと思いました。

また、娘さんはスタイルが良くて美乳です。

立ちバックポーズで、
マンコにバイブを挿入されているカットがあるのですが、

下に向かって突き出しているおっぱいの素晴らしさに目を引かれます。

上乳、下乳、横乳のバランスがとても良いですし、
乳首が乳肉の中心にあり、全体的にはほぼ半球。

実った果物が垂れ下がっているように見えるのに加えて、
お祭りの屋台で売られている水風船を思い浮かべました。

というわけでオレンジ通信ですが、
以下、紹介文の全文です。

“――というふうにリードでも書きましたが、
これはオリジナル本発売当時も私がイチャモンをつけたことなのだ。
多少見られる容姿であることを鼻にかけた彼女の、
この世の中を舐めきった態度はいったいどういうことでしょう。
集中力がないのは、生まれつきのチクノウ症のせいだと諦めるにしても、
裏本に出た以上は少なくとも撮られている最中ぐらいは真面目に本番していただきたいと思うのだ。
世の中ばかりではなく、男の珍々まで舐めきったこの態度は、
とても千摺には価しませんよね。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“せっかく容姿端麗というのに、この不貞腐れた本番態度は許し難き読者不在なのだ50点”

緊張からくる無表情ではないかと思っていたのですが、
たしかに不貞腐れたように見えます。

いつも参考にさせてもらっています、
「さとり資料館」さんのサイトで確認しますと、

“せっかく容姿端麗”なのに、
出演作は多くありません。再生本の数も少ないです。

やはり表情が良くなかったのでしょうか。

もう少し作品を重ねたら、
いい感じになりそうな気がしますが、

本人のやる気がなかったのでしょうか。

いずれにしても、
マニアとしては残念です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

スタイリスト_01

裏本「スタイリスト」1985年(昭和60年)03月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

同じお姉さん出演の裏本を以前に取り上げています。
以下です。

裏本「きずな」

本作「スタイリスト」は、
「きずな」とまったく同じ内容です。

表紙と裏表紙の写真が違っているのと、

表2(表紙の裏側のページ)と表3(裏表紙の直前のページ)の写真が違っているだけです。

ところで裏本は、
タイトル以外の文字が表紙に入ることはほぼないのですが、

本作「スタイリスト」は、
タイトル以外の文字が入っています。

読者予備軍に対し、
この文字の効果がいかほどかわかりませんが、

それはさておき、
今回はオレンジ通信を先にみていきます。

というのも、
「きずな」を取り上げたときにいろいろ書いたと思いますから、

今回あらためて書くことはないかもしれないと思っているためです。

以下、オレンジ通信の紹介文の全文です。

“ 彼女を美人だと形容するムキもあるでしょう。
たしかに水商売業界では「上」のクラスとお見受けしました。
ジンガイ向きの極太張り型を突っ込み、あるいはアヌスへのウリウリ。
はたまた4本指挿入のフィストファックもどきなど……。
近頃では珍しき異物挿入本にて、本書は始まりました。
後半は、極太ペニスの持主との様々な本番プレイです。
立位での、はたまた後背位での、ややアクロバティックな趣向が目を引きますネ。
 さて――。それでどうなのかと結論すれば、
さほどの千摺本とは感じられません。どことなく冷たい顔立ちの彼女、
要はモデル本人の資質ゆえでありましょうか。”

そして以下は、
添えられていた見出しです。

“いきなりの異物挿入。そしてフィストFもどきの場面など…コレは努力賞の一冊デス。
もちろん本番アリなのだ82点”

スレンダーな美人お姉さんの、
ハードなカラミということで高得点です。

ケツの穴に、
バイブがしっかりと挿入されているところも興奮ポイントだと思います。

また、
前に書いたかもしれませんが、

騎乗位でマンコにチンポが挿入されているドアップで、

膣肉の一部がチンポに貼り付き、
外側にハミ出してしまっています。

とんでもなく刺激的な発見でした。

ところで、すこし話がそれますが、

裏本出演のお姉さんたちは、

着衣カットで、
ショートパンツをはいている割合が多いような気がしています。

お姉さんたちの私服ではなくて、
ほとんどの場合、衣装として用意されたものだと私は思っているのですが、

モデルの脚を見せたいのなら、
ミニスカのほうが見栄えがするような気がします。

いま思いつく、
ショートパンツをはいたお姉さん出演の裏本は、

「めまい」「ペンパル」です。

本作「スタイリスト」もそれに加わりました。

3つしかないじゃないかとつっ込まれるかもしれません。

しかし、
ワンピースやヒザくらいまで隠れる長さのスカートはよくあるのですが、

ミニスカをはいたモデルの裏本は頭に浮かびません。

単に私が知らないだけか、
それともなにか理由があってミニスカが避けられていたのか、

よくわかりません。

脚の露出面積でいうと、
ショートパンツに軍配があがるかもしれませんが、

ミニスカには、
パンツが見えるかもしれないという期待があると思います。

それはさておき、
本作「スタイリスト」の表紙にふたたび戻りますと、

せっかく美形のお姉さんなのに、
オヤジが着るみたいなジャンパーはよくありません。

ジャンパーの下に赤いトレーナーが見えているので、
ジャンパーを脱いだほうがよかったのではないかと思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ