おとなの妄想くらぶ

昭和から平成にかけての、
アンダーグラウンドメディアのお話を中心に綴っていきたいと思っています。
ときに、そこから逸脱することもあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

JOY FULL ジョイ・フル_01

ビニ本「JOY FULL ジョイ・フル」(飛鳥書房)発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本です。

女優さんみたいな美人のお姉さんだと思いました。

表紙の顔がいちばん映りが悪く、
なぜ表紙カットに持ってきたのか疑問です。

中身は表紙以上に雰囲気のある美人に見えます。

さて、中身のくわしい内容ですが、
マンコ隠しに使われているのは、スケパンとベールです。

印刷上の消しはまったく入っていませんでした。

お姉さんのマンコはキレイな縦スジでして、
肉ビラの肥大やハミ出しはまったくありません。

開脚ポーズでも、
縦スジが維持されているため、

態勢を変えたくらいでは、
内部が見えない形状の良いマンコだと思いました。

妄想たっぷりで表現しますと、初心で恥ずかしがりなマンコです。

それとも、
粘着力のあるマン汁によって亀裂がくっ付いているのでしょうか。

スケベな妄想が広がります。

しかし、
お姉さんがマンコを指で広げているドアップカットだと、

わずかにマンコ亀裂が開いているのに加えて、
膣口あたりに白いマン汁がこびり付いているのが確認できます。

それと同時に目に飛び込んでくるのが、
ぷっくりと盛り上がったピンク色の膣口ですから、

興奮度はケタ外れでした。

あらためて表紙をみますと、
マンコ亀裂の左右は、若干の色素沈着が進んでいるように見えたのですが、

マンコ自体がキレイなので、
あまり気になりません。

また、
開脚ポーズではなくて、四つん這いのとき、

マンコ左右に色素沈着はほぼありません。
マンコ亀裂の下半分、つまりアナルに近いほうの半分は、

キレイな肌色です。

そして、
マンコ亀裂とアナルの間の部分もとてもキレイです。

キレイなマンコのお姉さんは、
アナルもキレイなことが多いと思うのですが、

本作のお姉さんもピンク色のキレイなアナルで、
シワの放射具合は、とても理想的だと思いました。

あと、
私の目を引いたのが、お姉さんの着衣カットです。

白いブラウスに、
オレンジ色のスカート。

最初は女教師っぽいと思ったのですが、

スカートの色がそこそこ派手なので、
女教師よりも、家庭教師や塾の先生みたいに見えました。

またお尻もいい感じで弾けていますので、
実物を至近距離で凝視したくなります。

というわけで、
私はべた褒めなのですが、

私の手元のオレンジ通信では取り上げられてなかったので、
発売時期不明としました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

初夢_01

裏本「初夢」発売時期不明

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

出演のモデルさんはナース服姿です。

本物のナースではなく、当然コスプレだと思うのですが、

アダルトビデオのコスプレ作品でよくみかけるような、
エロさを強調し現実離れしているナース服ではなく、

本物っぽく見えるところが興奮を誘います。

さっそく中身をみていきますと、
看護婦さんと入院患者という設定でした。

ベッドは普通の家にあるみたいな木製のベッドでしたが、
ベッドが置かれている場所は殺風景で、病室みたいにも見えますし、

そばに、
お見舞いの果物が入ったバスケットが置かれています。

加えて、
患者役の男優が左手に包帯を巻いており、
役に徹しています。

裏本にしては細部にこだわっているように見えました。

また中身の途中に、
頭を抱えて、いかにも病人という姿の患者役の男優が、

看護婦さんに支えられながら屋外を歩いているカットもあります。

歩いている場所は、
病院の敷地内にある芝生のうえか、

もしくは病院の近くの公園のようにも見えました。

もしもこのふたりに公園で遭遇したら、
患者さんの散歩に看護婦さんが付き添そっているようにしか見えませんから、

裏本の撮影とは誰も思わないでしょう。

さて、
もっとくわしい内容ですが、

ナースと患者というシチュエーションだからでしょうか、

ピンセットや聴診器がエロアイテムとして使われています。

ナースのお姉さんが、
マンコをピンセットで広げられたり、

また、聴診器の心音をきく部分を、
マンコ内部に押し込まれたりしています。

男優の指が、
お姉さんのアナルに突き入れられているカットもあり、

開脚ポーズのお姉さんは、
自身の指でマンコを広げながら、恥ずかしそうな苦しそうな表情。

見開きの大きなカットなので、
興奮度も大きいです。

さらには、
安全カミソリが登場して、

お姉さんの陰毛が剃られてしまうシーンもありました。

男優はお姉さんのアナルに指を入れながら、
別の手でカミソリを持ち剃毛です。

お姉さんの下半身が動いてしまうと危険なので、
固定するためのアナル指入れと勝手に解釈しましたが、

憧れるエロいシチュエーションです。

聴診器とかカミソリの登場や、
アナル指入れがあると書いてきましたが、

マンコへのチンポ挿入ももちろんあります。

お姉さんが、
騎乗位や背面騎乗位、
女性上位などいろいろな体位でハメられているのに加えて、

マンコにチンポが突き刺さり、
同時にアナルに男優の指が刺し込まれている刺激的なカットも複数ありました。

そして最後は、
お姉さんが顔面に大量のザーメンを発射されています。

口元のあたりに、
もっとも濃厚な状態の精液が貼り付いていますが、

眉毛のあたりまで飛び散っています。

ちなみに、
上記以外で、私の下半身を刺激したカットは、

見開きのマンコ単体ドアップです。

マン汁が糸を引いており、
お姉さんの指とクリトリス付近が、マン汁の橋でつながっています。

プレイのバリエーションも多くて、
楽しませてくれる内容だと思いました。

また、お姉さんはスタイルが良くて、
ハリのあるボディをしているため、

いろいろな体位で挿入された姿が躍動的なので、
すごく引き込まれました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

Natural ナチュラル_01

ビニ本「Natural ナチュラル」(ハニー企画)1985年(昭和60年)04月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


単体のビニ本。

スケベそうに見えるお姉さんです。

表紙メインカットの左下、
タンクトップを着て傘をさした姿も絵になっていて魅力的です。

同じお姉さん出演の作品を以前にも取り上げています。
以下です。

ビニ本「マリオン」(新日本企画)
ビニ本「夢恋人」(紅花企画)

本作「
Natural ナチュラル」は、「マリオン」とまったく同じ内容です。
表紙と裏表紙が違っているだけです。


「マリオン」は印刷上の消しが入ってなく、
ベール越しマンコがはっきりと確認できました。

表紙と裏表紙のマンコも消し無しです。

また、本作「
Natural ナチュラル」も、

同じく印刷上の消しは入っておりません。

ただ、
表紙と裏表紙のマンコはマジックで塗られていました。

販売店で塗られたのかもしれません。

いずれにしても、
露出度は相当に高いです。

本作「Natural ナチュラル」と「マリオン」、
中身がまったく同じだと書きましたが、

気になる違いがありまして、
それは印刷の質です。

「マリオン」は印刷の色が薄いのですが、
本作本作「Natural ナチュラル」は普通の色合いで、

実際の色に近いと思われます。

ですので、
同じ露出度でも、

印刷の色が実際の色に近いということで、
総合すると、本作「Natural ナチュラル」に軍配があがると思います。

内容に関しては、
「マリオン」を取り上げたときにいろいろ書いたと思いますので、

今回は内容に入らず、オレンジ通信をみていきます。
以下、紹介文の全文です。

“ 正しくNATURALであるといえましょう。
巣鴨のピンサロ嬢時代はよく知らねどもモデル稼業を始めた頃は、
とても自分のお尻の穴を気にしていました。
えーと、ですね、痔モチなんですよネ、彼女。
それもひとつではないんです。本作を御覧いただければ一目瞭然。
ナチュラルに四つのイボ痔がクッキリと映っておりました。
とにかく丸見え! 何はなくとも丸出し! に固執される人向きだ”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“いまはもう引退してしまった、三浦友美ちゃんのカーペキな復刻本なのだ。
イボ痔まで丸見せなんであります。84点”

私は、
イボ痔というのは、
たとえばホクロみたいにカウント可能なものだと思っていませんでした。

なぜなら、
肛門から飛び出しているのはひとつかふたつだけで、

それ以上、
飛び出していると肛門がぜんぶ盛り上がっている状態に見えて、

ひとつとかふたつとか、
数える意味がなさそうな気がしたからです。

というわけでオレンジ通信の内容が気になり、
あらためてお姉さんの肛門をじっくりとみてみました。

すると、
肛門本体自体に多少盛り上がっている箇所がありますが、

それとはまた別に、
シワの走る部分のいちばん外側付近に、

イボみたいなものがいくつか見えます。

肛門から離れているイボもあり、
はたしてこれをイボ痔というのだろうかという疑問を持ちました。

とはいえ、
シワがキレイに走る状態の肛門ではありませんし、

肛門にもっとも近いところのイボは、
たしかにイボ痔と呼べるものかもしれません。

ところで、
表紙に以下の文字が書かれています。

“奈保子、はたちのナチュラルな旅立ち”

また、
中身の最後のページには、
“■モデル■三浦奈保子”というクレジットもありました。

一方、
本作「Natural ナチュラル」がオレンジ通信に取り上げられたときには、
すでに“三浦友美”というモデル名で知られていたわけですから、

どうせ、苗字を同じ“三浦”にするなら、
名前も同じにしておけばいいのにと、

よけいなことを思ってしまいます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ