おとなの妄想くらぶ

昭和から平成にかけての、
アンダーグラウンドメディアのお話を中心に綴っていきたいと思っています。
ときに、そこから逸脱することもあるかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

花園の女_01

ビニ本「花園の女」(真光社)1986年(昭和61年)03月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


カラミのビニ本です。

以前に同じお姉さん出演のビニ本を取り上げています。
以下です。

ビニ本「お祭り」(マスミ書房)
ビニ本「淫乱未亡人」(東企画)

本作「花園の女」は、「お祭り」とまったく同じ内容です。

マンコや結合部分に入っている消しの状態が違っているだけでした。

「お祭り」は、マンコはほぼ丸出しで、

チンポにマジックで塗ったみたいな消しが、
アバウトに入っているだけでしたので、

裏本感覚で楽しめる一方、

本作「花園の女」は、
マンコ全体、または結合部全体にスミアミが入っていました。

とはいえ、スミアミはとても薄く、
マンコはそれなりに見えており、露出度は高いほうだと思います。

また、
「淫乱未亡人」とも重複している写真が多いです。

ひとつひとつ照らし合わせたわけではありませんが、
おそらく同じ写真ばかりだと思われます。

写真の順番が違っているだけでしょう。

というわけで、
本作「花園の女」について、

今回あらたに付け加えることはほぼありません。

そのため、
オレンジ通信をみていきたいと思います。

以下、紹介文の全文です。

“ 彼女に関してはかなり好みの別れるところでありましょう。
でもでも挑発的眼差&切なそうな喘ぎ顔は結構イケルんではないかと感想する私であります。
お祭りGALのハッピ本番なのであった。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“あっちこっちに傷をこさえてるオテンバ娘なのだ。63点”

眼差しとあえぎ顔もたしかにいい感じなのですが、

デカいクリと、厚めのしっかりとした肉ビラ、
むっちりボディが、私はとてもヒワイだと思いました。

ところで、
本作のお姉さんのように、

ハッピ姿の女性に興奮する層はいたとしても、
そんなに多くないのではないかと思いました。

とはいえ、私自身のことを考えてみると、

たとえばネットで、
“ギャルみこし”というニュースがあると、つい見てしまいます。

風物詩や伝統文化を知るというような高尚な気持ちはまったくなく、
ギャルたちが太ももを丸出しにしたエロい姿が見たいためです。

というわけで、
“ギャルみこし”をネット検索しますと、

ハッピを脱いで、サラシだけの姿も見ることができ満足です。


それはいいとして、

女性陣が着ているハッピは華やかな紅白です。

一方、
本作「花園の女」のお姉さんが着ているのは、

一般的な色のハッピで、
紅白ハッピとくらべると地味に見えます。

何がいいたいのかといいますと、

カラフルな紅白ハッピを着たモデルさんが登場するビニ本を見てみたかったということです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

OL洋子の秘湯の旅_01

裏本「OL洋子の秘湯の旅」1986年(昭和61年)04月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

同じお姉さんが出演のビニ本を以前に取り上げています。
以下です。

ビニ本「レインボー」(メルサ出版)

本作「OL洋子の秘湯の旅」は、
「レインボー」とまったく同じ内容です。

「レインボー」の元本が、本作「OL洋子の秘湯の旅」だと思われます。

中身は同じなのですが、
違うところがふたつありまして、

ひとつは、
「レインボー」はマンコとチンポと結合部にスミアミが入っていますが、

本作「OL洋子の秘湯の旅」は消しが無いこと。

ひとつは、

「レインボー」は、
表2(表紙の裏側のページ)と表3(裏表紙の直前のページ)は白紙でしたが、

本作「OL洋子の秘湯の旅」だと写真が入っていることです。

「レインボー」に入っているスミアミは、
そこまで濃くなかったため、マンコはそれなりに見えました。

一方、裏本の本作「OL洋子の秘湯の旅」は消しが無く、
マンコも結合部分も丸さらしですから、

ストレスのない裏本鑑賞ができます。

ところで、
プレイ内容については「レインボー」を取り上げたときに、

ひととおりは書いたと思いますが、

おさらいする意味であらためて触れますと、

単体ポーズのあと、
フェラや前戯をはさんで、マンコへのチンポ挿入という、

オーソドックスな流れです。

そして最後は、
お姉さんの口内にザーメン発射があり、

そのあとシャワーシーンが続き終了です。

お姉さんはセックスにとても慣れているのでしょうか、

どのプレイも淡々とこなしている印象があり、
迫力に欠けます。

単体ポーズのときの表情と、
マンコにチンポが突き入れられているときの表情が、

あまり変わらないように見えるのも、
残念な部分だと思いました。

とはいえ、
興奮ポイントも複数ありまして、

まず、エロいむっちりボディ。
加えて、小ぶりマンコや具が多そうなマンコ内部もいい感じです。

あと、つけ加えるなら、
陰毛の濃さと形状が理想的です。

逆三角形で全体的に薄く、
恥丘部分の地肌が見えているのは私好みです。

プレイの迫力がもう少しあり、
またお姉さんがもう少し若く見えるビジュアルならば、

もっと興奮したと思いました。

さて、
オレンジ通信ですが、以下、紹介文の全文です。

“ OLというより、水商売の女性でありましょう。
うむ、かなり色っぽいですな。熟々のタイプ。
こういうタイプが好みの男性もいらっしゃるでしょう。
ですからオクデ先生としては余り否定的な御意見は差し控えたいとは思うんですが、
どうも、しかし。
 彼女のような既に使用済み女性の本番写真というのは、
今さらワザワザ見なくてもヨイと愚考するのであります。
それに、本気っぽいオマンコ写真も見当らず、
スペルマ口内放出の一枚はあるものの、やはり、
この手の女性なら簡単にやらせてくれそうに見えてしまうという感じがするんですね。
というわけで、皆さん、スミマセン。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“なかなかにハヤリっぽいタイトルではありませんか。
とはいえ、秘湯ではなく、
舞台はいつもの通りシティホテルの一室の本番写真集なのであります。  52点”

気が付きませんでしたが、
たしかに秘湯の要素がまったくありません。

ホテル内のバスルームに浸かる姿すら出てきません。

とはいえ、タイトルと内容が無関係なのは、
ビニ本裏本あるあるということであまり気にはなりません。

また、オレンジ通信に書かれていたように、
OLというよりも水商売の女性のように見えますし、

もしも“洋子”さんがOLだとするなら、

勤続年数の長いお局さんで、
部下の年下男性社員をホテルに連れ込んだようにも見えました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

なんてったってアイドル_01

裏本「なんてったってアイドル」1986年(昭和61年)05月頃発売

-----------------------------------------------------------------------------------------------


裏本です。

モデル名は“川島恵美子”。以前に以下の作品を取り上げています。

ビニ本「恋人達のラブジュース」(八起書房)
ビニ本「ムーングロウ」(ザ・ボイス)
ビニ本「ノンオイル」セブン企画
裏本「熱風」
ビニ本「SWING 〈スウィング〉」(優美堂)
ビニ本「Dream in 麗子 ドリーム・イン・レイコ」(武蔵出版)
ビニ本「VALENTINE バレンタイン」(プリズム出版)
ビニ本「AXIS アクシス」
裏本「恋模様」
ビニ本「18歳私は好き!」(紅花企画)

作品数が多くて、
人気があったことがうかがえます。

今回取り上げました裏本「なんてったってアイドル」は、
これまで取り上げた作品とは、ルックスの雰囲気が違っているため、

最初は川島恵美子嬢だと気が付きませんでした。
中身をひととおりみたあとでも気が付かなかったのですが、

オレンジ通信の紹介文をみて、
モデルが川島恵美子だったことを知りました。

というわけで、今回は最初にオレンジ通信の紹介文を掲載します。
以下、紹介文の全文です。

“ 勿論、某早瀬沙樹ちゃんの再生本ではありません。
きちんと新たに撮り下ろした新刊なのだ。モデルだって新人なのだ。
ところがマニアはうるさい人種で、新人なら誰でもいいという風にはいかないんですね。
そこのところをこの本の制作者は気付いていないようです。
表紙を見た時は、一瞬、川島恵美子かと僕は勘違いしてしまいました。
でもページを繰ってみると、20年後の川島恵美子でした。
実年齢は20代でありましょうが、この日常的なオバサン顔は、
ほとんどSFホラーの世界である。またはSFX=特殊メイク=猿の惑星でありましょう。
まさにこの一点において新刊は虚しい努力なのだった。”

そして以下は、添えられていた見出しです。

“どんなに猿の惑星的女性であっても、
それをインペイできるアングルというのが存在するのだ。
それがこの一冊の表紙写真であります。御用心のほどを。  52点”

これまでの私の記事内には、

オレンジ通信の紹介文をできるだけ掲載しており、

それらをみるとわかるのですが、

オレンジ通信では、
彼女のルックスがボロクソに書かれていることが少なくありません。

本作「なんてったってアイドル」についても同様です。
歴代のライター陣がそろって好みでなかったのかもしれません。

私は、
本作「なんてったってアイドル」の表紙はとても魅力的に見えたのですが、

オレンジ通信では、
いわゆる“奇跡の一枚”的な捉えられかたをされているのはまだいいとして、

中身については散々です。

プレイ内容に触れることなく、
ルックスについての話に終始しています。

“オバサン顔”とはじまり、
最後は“猿の惑星”とまで書かれている始末です。

私にはそこまでひどいルックスだとはどうしても思えません。

化粧の仕方について、“特殊メイク”とたとえているだけで、
ルックスそのものを悪くいっていないという解釈もできるかもしれませんが、

彼女の作品について書かれたほかの紹介文をみるに、
そういう意味ではなように思います。

さて、
本作「なんてったってアイドル」の内容ですが、

前半は単体カットで占められていて、
マンコ見せポーズが続いています。

後半のすこし手前になってやっとフェラカットが登場。
そのあとで、マンコへのチンポ挿入カットも出てくるのですが、

全体的に挿入が浅いです。

マンコ亀裂の表面に、
チンポが押しあてられているだけで深い挿入無しのカットが複数みられます。

そのカットがドアップにされているので、
興奮は半減しました。

亀頭が埋まるくらいまで挿入されているカットもありましたが、

より深い挿入で、
グチョグチョのカラミをみたかった私はすこし残念でした。

一方、
マンコのドアップカットはかなり多く、

大きな倍率でマンコ単体を満喫できるのは嬉しいです。

前半部分、
川島恵美子嬢自身の指でマンコを広げているドアップでは、

尿道口や膣内部のヒダヒダも確認でき、
かなり興奮しました。

また、
肉ビラの肥大は多少あるものの、

マンコ自体は小ぶりで好感が持てますし、
少なめな陰毛も、マンコ鑑賞を邪魔しないという意味では大歓迎です。

加えて、
シワが均等に走るアナルのキレイさも平均以上だと思いました。

また、アナルにあるホクロは、
いいアクセントになっています。

全体的な印象としては、
もうすこしカラミシーンの迫力があれば、

さらに良かったです。

オレンジ通信で散々書かれていた顔についても、
私はあまり気になりませんでした。

これまで取り上げてきた、川島恵美子さんのビニ本は、
あまり笑顔がない印象が強いです。

しかし、
本作「なんてったってアイドル」は、

表紙と裏表紙は、
自然な感じの魅力的な笑顔です。

女子大生っぽい白いブラウスもよく似合っているうえに、
ほんわかした感じが前面に出ていて、とても良いと思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ